なんでも除菌してない?赤ちゃんの免疫力と菌について

子育て

どうもこじパパです。「そんな汚いのなめてはだめ」「除菌スプレーはどこかしら」なんて日常会話を赤ちゃんがいる家庭も多いのではないでしょうか?

 

我が家でも赤ちゃんに言葉がまだ伝わらないとわかっていながらも言ってしまうことがあります。それにこれから梅雨の季節になると余計に湿気などが多くなるので菌の発生も多くなってきます。

 

今では昔と違い様々な「除菌」「殺菌」などを謳う商品も多くなり手軽に手に入ることから赤ちゃんの細菌などの菌に対して神経質になっているというママも多いでしょう。そこで今回は赤ちゃんの免疫力と菌について少し書いていきます。

スポンサードリンク

 なんでも除菌、殺菌はよくない

file4951262472044

そもそも僕達の住んでいる周りには菌などが多く繁殖しています。なのですべてを除菌するなんてことはほぼ不可能に近いわけです。

 

ではその菌の中でも人間が何故生きていけるのかというと、免疫力があるからです。免疫力が低下するとそれだけ体が弱くなってしまうので風邪などを引いてしまうのです。

 

では赤ちゃんになぜあまり除菌や殺菌がよくないのかというと、元々体には既に菌は存在しています。善玉菌だったり悪玉菌だったり、皮膚を守るための皮膚常在菌もあります。

 

しかし除菌などを頻繁にしてしまうと、これら菌がなくなってしまって免疫力の低下につながってしまいます。

 

なのでなんでもかんでもいつも除菌ばかりをしているのは、自然と赤ちゃんの免疫力を下げていることになります。

 

もしなにかをなめていて異常がでるなら問題がありますが、そうではない場合ある程度のものには敏感になりすぎないようにしたほうがいいと思います。

 

いつも除菌のことばかり考えていてもつかれませんか?特に赤ちゃんなんてなんでも口にするのでその度にウェットティッシュなどを使っていたらキリがないなと最近は思います。

 

明らかに口に入れてはいけない物などなら注意してもいいと思いますが、それ以外の場合はそこまで神経質にならなくてもいいのかなって思います。

コメント