シェアする

赤ちゃんの脳の発達を促すアラギトン酸とは

シェアする

どうもこじパパです。ここ最近いろいろな人の赤ちゃんのことに関する本などを見ていると、参考になることばかりで勉強になります。

そして今まであんまりミルクの成分とかよくみないで赤ちゃんに合うものであげていたんですが、ここ最近しらべてい赤ちゃんの脳の発達にはDHAとアラキドン酸という脂肪酸が大事だということがわかりました。

そこで今回はこのアラキドン酸について書いていきます。

スポンサードリンク

 アラキドン酸とは

Baby

アラキドン酸とは「脳の発達に必要(考える、学ぶなど)な脂肪酸」と言われています。DHAもその一つです。

このアラキドン酸ですが大人になれば自然と体内で合成されて作り出されるのですが、赤ちゃんの頃は体内でそれができません。

なので食事などの外部からの摂取でしかアラキドン酸を摂取することはできません。またアラキドン酸は基本的には植物性の物には含まれていません。

我々が食べるものでよくアラキドン酸が含まれているのは肉、卵、魚などの動物性の食べ物です。また母乳にもすでにこのアラキドン酸が含まれているので、母乳で育てている赤ちゃんには自然とアラキドン酸が摂取されています。

といってもある程度は先程いった食べ物を意識してママが摂取することが大事だと思います。またもしミルクだけならDHAとアラキドン酸を含むミルクを選ぶこともいいです。

 赤ちゃんの脳の発達期間

主に赤ちゃんの脳の重さって一歳の時に70%が決まっしまうらしいです。そして3歳になると約90%。

ということはいかに乳幼児の時の栄養素が大事なのかがわかると思います。もっと結構先なのかなって思っていましたが、案外早くに脳が発達するのでびっくりしました。

まー食事だけで脳が育つわけでもないので、おもちゃで遊んであげたり、軽い運動などをさせることも大事ですが。

それでもやはり研究結果もでていて効果があると言われているものどんどん試していくべきだなとおもっています。

 アラキドン酸まとめ

日本では最近になって話題になってきたアラキドン酸ですが、欧米やアメリカなどではこのアラキドン酸とDHAを含むミルクがほとんどらしいです。

日本でもこのアラキドン酸とDHAを含むミルクが出始めているので、これからはそのへんの成分も見てミルク選びを考えて行こうと思いました。

ちなみに今まではいはいというミルクを飲んでいましたが、これから少し相性がよかったはぐくみにしようと思っています。

変わるかかわらないかなんてはわからないですが、いいと思うものをやはりあげたいと思います。もっとしっかりいろいろ勉強しないといけないなと感じる今日このごろでした(笑)

では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です