シェアする

赤ちゃんが下痢ピッピ!それって離乳食が原因って本当?

シェアする

どうもこじパパです。

こんな暑い時期はビールにアイスにかき氷となにかと”冷たい”ものを食べるとことが多いと思います。

今年の夏はいつも以上に暑くて、僕が住んでいる福島でも梅雨だというのに39度まで気温があがりました。本当に異常気象です。アイスも馬鹿売れだったでしょう。

そんな暑い時期に美味しい冷たいものですが、食べるときに気をつけたいのが食べ過ぎて腹を下して”下痢”になってしまうことです。

僕は下痢ピッピと言っているのですが、下痢になってしまうとトイレがないと生きていけなくなるので注意が必要です。

そんな下痢ですが、赤ちゃんでももちろん下痢をすることはあります。赤ちゃんが下痢をするといっても様々な原因があります。そこで今回は赤ちゃんの下痢と離乳食について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの下痢の原因は離乳食?

赤ちゃんが下痢になってしまう原因も様々あります。しかし実は離乳食が原因で下痢になっている可能性はそこまで高くありません。

全くないとはいえませんが、主に赤ちゃんが下痢になってしまう原因は風邪などのウィルスとお腹が冷えることで下痢になることが多いです。

離乳食が原因で下痢を起こしてしまう場合は、離乳食を作る際に不十分な加熱や加工でバクテリアが発生することが原因だと言われています。

その他には食べさせている離乳食が赤ちゃんにあっていないのかもしれません。卵や肉などの動物性タンパク質は早くから食べさせるとアレルギーがでることがあります。

稀にそれが原因で下痢になることもあるみたいです。また離乳食の中に油をつかっている食品が含まれていたりすると、軟便になって下痢に気味になることはあります。

なのでそこまで下痢になってしまう原因が離乳食だということは少ないといえそうですが、そうとはいっても、離乳食を始めた途端に下痢になってしまう赤ちゃんも中にはいるでしょう。

あくまで参考程度にしてください。赤ちゃんがみんな同じということないということは常に頭に入れておいた方がいいです。

 赤ちゃんが下痢の時の離乳食の摂取

結構赤ちゃんの下痢のことを調べていると

「赤ちゃんが下痢の時は離乳食をあげないほうがいい」

「母乳も控えたほうがいい」

「ミルクをうすめてみる」

など様々な情報が飛び交っているので、悩んでしまう人もいるでしょう。以前の記事でも書きましたが、

参考記事 

あなたは大丈夫?ネットなど子育ての情報に振り回されないために大事なこと

あくまで情報というは参考程度にしかならないということです。離乳食を辞めて下痢が治った赤ちゃんもいれば、軽く離乳食を食べせていたら自然と治ったという赤ちゃんもいます。

今回僕達の赤ちゃんも下痢ピッピになってしまって、病院に連れていったのですが病院の先生からは

離乳食は当分食べさせないでください

と言われました。

僕はお医者さんのいうことがすべて正しいとは思っていないのですが、今回は始めての下痢だったので取り敢えずは先生の言うとおりにしようということで今は離乳食は控えています。

子育てに関しては何事も経験が大事なので、今回はその方法で試しています。本当に赤ちゃんよって症状などは変わって来ます。

ちなみに下痢の時って水を飲まないほうがいいと思っている人もいるかもしれませんが、逆に下痢のときにしっかりと水分補給をしないと、脱水症状になってしまう可能性があるので注意が必要です。

これは赤ちゃんだけでなく大人も同じことなので十分に気をつけましょう。ただし、冷たすぎる水はダメですよ。お腹ピーピーになっちゃうので。常温の水にしてください。

参考程度 

夏の時期に気をつけたい赤ちゃんの水分補給について

 離乳食が原因で下痢になった場合かどうかの確認

もし離乳食が原因で下痢になった場合は、少し様子をみましょう。風邪などのウィルスで下痢になってしまっている場合は長引く可能性がありますが、離乳食で下痢になっている場合はそんなに長引くことはないと言われています。

赤ちゃんが下痢になった時の原因っ以前の行動を振り返ってみると結構わかるもんです。今回の僕達の赤ちゃんが下痢になった原因は恐らく、ママ友の赤ちゃんが下痢になっていたのが原因だと思います。

結構長く続いているのでウィルス系かなと。だからすぐに病院にいったんですけどね。その他にも保育園に通っていて、クラスの中に下痢になっている赤ちゃんがいれば、それが原因かもしれません。

このようにある程度は予測できると思います。なのでもし誰とも会ってなくったり、周りに下痢などになっている人がいないのに下痢になってしまった場合は、離乳食が原因だということがわかると思います。

そんな時は少し離乳食を休んでみたり、少しだけにするなどすれば自然と回復するでしょう。それでも心配ならやはりお医者さんに見てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

 赤ちゃんが下痢になった時に気をつけること

下痢ピッピになったことがあるならあの辛さはわかると思います。大人が辛いのだから赤ちゃんも同じく下痢になれば辛いです。

それにあまりに下痢がヒドイとオムツかぶれをおこしてしまって、肌が荒れてしまて”赤く”なってしまいます。あれをみるだけでも可哀想ですよね。

なのでなるべく、お風呂から上がったあとなどはしっかりとした保湿力がある保湿剤などを使ってあげることも大事です。

肌荒れには市販のワセリンを使っているという人もいますが、結構評判はよくなくて、

・ベトベトする

・実際に保湿力があまりない

などの意見も多くあります。

ワセリン使ったことがある人ならわかると思いますが、あのベトベト感は本当に嫌です。そんな保湿剤でもワセリンよりも潤いもあって保湿力も抜群で人気があるのが「ファムズベビー」という保湿剤です。

トピーの赤ちゃんや肌が敏感な赤ちゃんによく使われている保湿剤です。すでに使っているという人も多いのではないでしょうか?

ワセリンとかって実は保湿はしてくれるけど、花粉などから肌を保護はしてくれないんですよね。

しかしこのファムズベビーは保湿と保護を同時にしてくれるスキンケアになります。しかも全身に使えるという優れものです。

使っているママの中には赤ちゃんに使っていたのに、いつの間にが自分の手も保湿できるようになって自分も使っているというママもいるくらいです。凄いですよね。

下痢などで赤ちゃんのオムツかぶれになって肌が荒れてしまう前にしっかりと保湿してあげてください。

もっと詳しく知りたい方や購入する方はこちらからどうぞ。

ファムズベビー

一本で全身使える!『ファムズベビー』

 まとめ

早く僕達の赤ちゃんも下痢から復活してほしいですが、あとは本人の治癒力にかけるしかありません。体は普通に元気で熱などもないので、あとは自然と治るのを待つだけです。

まだおしりがカブれてこないだけマシです。ファムズベビーのおかげかもしれませんが。まだまだこれから夏風邪なども流行ってくる季節になります。

一本で全身使える!『ファムズベビー』

また離乳食を作るときも暑さで食材が腐っていたなんてことにならないようにしてください。

そのまま離乳食を作ってしまったらどえらいことになってしまいます。もし赤ちゃんの下痢の原因がウィルス性だった場合は、大人にも感染る可能性が大きいです。

家族みんなで下痢ピッピになったらシャレになりません。もうトイレの奪い合いになるのが目に見えています。

そうならないためにも赤ちゃんが下痢にならないことは勿論のこと、パパやママも常日頃から風邪などには気をつけて生活していきましょう。

夏風邪とかって思ったより長引く場合が多いので。では今回は赤ちゃんと下痢と離乳食についてでした。下痢ピッピ気をつけてくださいね^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です