シェアする

赤ちゃんでもなるの??花粉症の原因と予防方法

シェアする

どうもこじパパです。

冬の終わりから春先につれて毎年ニュースなる一つの話題に花粉症があります。

花粉症の人にとっては今のシーズンは最悪でしょう。

しかし実は花粉症って赤ちゃんでもなってしまうのはしっていたでしょうか??

そこで今回は赤ちゃんの為の花粉症の対策と予防方法についてかいていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんも花粉症になるのか

By: Amanda

まず花粉症は赤ちゃんでもなってしまうことがあるらしいのですが、生後2〜3ヶ月くらいでは花粉症が発症することは稀だと言われています。

まず花粉症はアレルギー性の病気です。花粉症になるとくしゃみ、鼻水などの症状がでますがそれは人間の体内から花粉を追い出すためでる症状です。よく勘違いしがちなのですが、くしゃみや鼻水がでるのが悪いということではありません。

基本的にこの花粉に対する免疫が少なくなると花粉症になってしまいます。特に赤ちゃんの場合だと6ヶ月くらいまでは免疫力が弱いです。

この時期に多く吸わせてしまうと、今は花粉症の症状がでないかもしれませんが、いずれ早い年齢で花粉症になる可能性があります。花粉症は吸ってきた花粉の量で花粉症を発症するとも言われています。

なのでできれば6ヶ月くらいまではウィルスや細菌に感染しやすい時期でもあるので平行して気をつけるようにしてください。また花粉症は遺伝的な要素でなることも多く両親がどちらも花粉症の場合はなりやすいと言われています。

 赤ちゃんの花粉症の対策と予防方法

では赤ちゃんが花粉症にならないためには、まずなるべく花粉症の時期は外出を控えることです。今では花粉症のシーズンになるとニュースや天気予報でその日の花粉情報が報道されます。

それを元に外出をするときはなるべく花粉が少ない時にするなどの対策をするといいでしょう。またいくら外にでなくても洗濯物などを干していてもその洗濯物に花粉がつくてしまうこともあります。

できることなら今のシーズンは外に干さないのがいいでしょう。また花粉症になってしまう原因としてRSウィルスなどに感染してしまって鼻や気管支が弱まってしまい花粉症になりやすくなってしまうケースもあります。

この様なケースにならないためにも常日頃から部屋を掃除して綺麗にしておくことも大事です。部屋が汚い=ウィルスに感染してくださいといっているようなものなので。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの花粉症のまとめ

生まれたばかりの赤ちゃんの場合はまだ花粉をそこまで吸っていないので花粉症の症状がでるということはあまりないと言われています。

しかし遺伝などの関係ですでに生まれたときから花粉症になっている赤ちゃんも中にいます。少し可哀想ですが、1歳以内の場合は遺伝という確率の方が高いみたいです。

もし花粉症の症状らしきことが赤ちゃんに起こったら一度医者に見てもらったほうがいいでしょう。花粉症が原因で中耳炎になったり、蓄膿になる可能性もあります。

花粉症になってしまったらそれはそれでしょうがないと割り切りそれ以上悪化しないようにする工夫が赤ちゃんには必要だと思います。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です