シェアする

赤ちゃんでも気をつけたいヘルパンギーナの症状と予防

シェアする

どうもこじパパです。これから夏の時期になると流行ってくる病気の一つにヘルパンギーナという病気があります。

大人はある程度免疫を持っているのでかかりづらいとは言われていますが、中には赤ちゃんや子供がヘルパンギーナにかかっていてうつってしまう可能性もなくはありません。

できることならヘルパンギーナにならないように早め早めに行動することが大事です。そこで今回は赤ちゃんでも気をつけたいヘルパンギーナの症状と対策についてかいていきます。

 ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナとは夏から秋口にかけて流行る夏風邪の一つで赤ちゃんや子供によくかかる病気だと言われています。

ヘルパンギーナの症状としては

・39〜40度の高熱

・ノドの痛み

・ダルさ

・食欲不振

・頭痛

などの症状がでます。風邪をよりひどくした病気です。基本的にヘルパンギーナは高熱とのどの痛みが強い病気です。そのせいでダルさや食欲不振や頭痛につながっていきます。

まずは発熱から始まり39〜40度まで達することもあります。そしてそれと同時に喉の奥の付近に数十個の水泡ができてそれが潰れて喉の痛みがでます。

それで赤ちゃんや子供も食べ物やミルクなどが飲めなくなり食欲不振になりストレスが溜まったり、脱水症状などにも繋がってしまう可能性もある病気です。

特に赤ちゃんは自分で水分補給などができないので特に注意が必要です。期間的には早い子で1日で熱が下がってよくなっていく子もいますが、大体は1週間くらいはかかる病気だと言われています。

 ヘルパンギーナの原因

ヘルパンギーナの原因は主にエンテロウイルスというウイルスの中でもコクサッキーA群ウイルスが原因で起こる病気です。

主な感染方法は「接触感染」「糞口感染」「飛沫感染」になります。なので保育園や幼稚園などの子供がたくさんいる場所にいくと感染しやすいと言われています。

潜伏期間も1週間くらいあると言われているし、完全にウィルスがなくなるまでは数週間かかると言われているので集団感染でかかってしまうケースが多いです。

またヘルパンギーナ自体は赤ちゃんや子供がかかりやすい病気ですが、大人がかからない病気ではありません。

ある程度の免疫が大人にはあるので子供よりは感染しにくいですが、うんちや尿の処理をしたり、もし赤ちゃんや子供がヘルパンギーナになって、その看病などで疲れていたりして免疫が下がると大人でも感染することはあります。

 ヘルパンギーナの予防

ヘルパンギーナの予防としてはなんといってもうがい手洗いです。まさか保育園や幼稚園などに何週間も預けないでおくことは中々できないと思うので、まずはうがい手洗いの徹底と、流行時は保育園や幼稚園以外の子供が多くいる場所などにはあまりいかないようにする、親もうんちなどの処理をしたあとは必ず手洗いをすること徹底するのが一番です。

保育園や幼稚園でかかってしまうのは正直どうしようもないですが、家ではしっかりと予防をして家族全員で感染したなんてことにならないようにしましょう。

もしヘルパンギーナの疑いがあるときは他の人にうつさないということも大事なので必ずお医者にいくようにしてください。

スポンサードリンク

 ヘルパンギーナのまとめ

ヘルパンギーナは学校感染症の一つの第三種の感染症にあげられます。学校感染症とは特定の感染症にかかった場合は学校にきてはいけまんよという法令です。

よく感染症で有名なのが冬に流行るインフルエンザですが、これは第二種の感染症になります。第三種の場合は学校医や医者が伝染の恐れがないと決めるまでは登校や登園などはしてはいけません。

インフルエンザはもう少し細かく設定されています。なのでヘルパンギーナの場合は1日で大丈夫というお医者さんもいれば、1週間はダメだというお医者もいるので一概に決まりはありません。

大体の目安としては喉の痛みや口の中の水泡がなくなったくらいから約2〜3日間たつと登校や登園も大丈夫だと言われています。

これから夏になりお出かけのシーズンでもあります。全く人混みを避けるということは難しいと思いますが、帰ってきたら必ず親も手洗いとうがいを徹底してなるべく菌を残さないようにしましょう。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です