シェアする

赤ちゃんを抱っこするときのオススメの抱き方と注意点

シェアする

どうもこじパパです。まず生まれてときに母体や赤ちゃんになにも異常がなくて、最初にしたいことといえば赤ちゃんを抱っこすることですよね。

病院によっては出産してからすぐには抱っこができない場合もありますが、親にしたら早く抱っこしたくてたまらないと思います。僕はそうでした。まーいずれは嫌でも抱っこするようになるのですが。。。

そこで今回は赤ちゃんを抱っこするときの抱き方と注意点について書いていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんを抱っこするときの抱き方

赤ちゃんを抱っこする時の抱き方は主に2つの方法があります。

・横抱き

・縦抱き

この2つです。年齢によって抱き方を変えているという人もいると思いますが、しっかりした抱き方であればどちらで方法で抱っこしても問題はありません。よく首がすわらないと縦抱きはダメだという人がいますがしっかりと首を抑えてあげれば問題はありません。

そうとはいっても首がすわっていない時期は首がコネコネして怖いと思うので、そんな場合は横抱きで抱っこしてあげたほうがいいでしょう。

うちの赤ちゃんは何故か首がすわる前から縦抱きがよかったらしく横抱きにすると泣くことが多かったので、ほとんど今でも縦抱きの方が多いです。

これは赤ちゃんによって違うと思うので、2つの抱き方を行なってみてしっっくりくるほうを試してみてください。

 オススメの抱き方と注意点

ではまず横抱きですが、首すわりが終わっていない抱き方を紹介します。

横抱きの仕方

1.赤ちゃんの首の後ろに片方の腕の肘がくるようにする

2.もう片方の手で赤ちゃんの股の間から腕をいれて背中に手をそえる

3.そのまま胸のあたりまで持ち上げる

横抱きのポイントとしては自分が授乳しやすい状態を作ることが大事です。そして手で頭を支えるのではなくあくまで腕全体を使って首や頭を支えてあげるようにしましょう。

また泣いているときはなるべく心臓に近づけてあげると、赤ちゃんも安心するので苦しくならない程度に体に引き寄せてあげるのが効果的です。

また股から腕をいれるのは、赤ちゃんは股が閉じている状態のままだと股関節に影響がでると言われています。なのでできるだけ両足がくっつかないようんにしてあげるのがポイントです。

縦抱きの仕方

1.横にした状態で片方の腕は首の後ろに、もう片方は股の間にいれる

2.そのまま赤ちゃんを持ち上げて胸に寄せる

3.片方の手は首の後ろで支えて、もう片方の腕はおしりをささえるようにする

縦抱きのポイントとしては、首すわりが終わっていない場合はしっかりと首を支えてあげることです。横抱きの場合は一度腕で支えることできればそこまでクネクネすることはないですが、縦抱きの場合は常に不安定な状態なので気をつけないといけません。

ゲップを出すときに縦抱きをしているという人も多いと思いますが、ゲップを出す場合は頭を支えている方の腕で背中を擦ってあげたり、トントンしてあげるといいでしょう。

 赤ちゃんの抱っこのまとめ

これが正しいという抱っこの仕方は赤ちゃんによって様々だと思います。例えば首すわりが終わってないのであれば首を意識してあげること優先的にして、その他の抱き方に関しては自分たちで見つけていくのがいいのかなと思います。

我が家の赤ちゃんは縦抱きでも顔が前を向いているのが好きなのか、一般的に縦抱きと言われている方法で行なっても泣いてしまうことがありました。

その時に体勢を逆にして顔が正面に向く抱き方で抱いてからは収まるようになりました。このように赤ちゃんによって抱き方が合う合わないはきっとあるので、いろいろ試してみるのがいいのではないでしょうか?では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です