シェアする

夏の時期に気をつけたい赤ちゃんの水分補給について

シェアする

どうもこじパパです。春から夏に向けて徐々に気温が上がってくる時期に気をつけないといけないのが、水分補給です。

特に赤ちゃんはまだ自分で言葉を発することができないので喉が乾いているなどの判断は泣くことでしか判断できません。

しかもそれが本当に水分補給がしたいかで泣いているのかどうかの判断も難しい時もあります。そこで今回は夏の時期に気をつけたい赤ちゃんの水分補給についてかいていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの水分補給

赤ちゃんの水分補給ってなにで行なっていますか??あまり汗などをかいていないのであればミルクや母乳だけで済ましているという家庭も多いと思います。

結構離乳食が始めるまでミルクや母乳だけでも十分水分補給になっているから他の水分補給はいらないとも言われています。でも実際はミルクや母乳だけでは水分補給が足りない時もでてきます。

特に赤ちゃんは大人よりも水分の量が多いです。しかも赤ちゃんは新陳代謝も活発なので、それだけ汗などを大人より多くかきます。それに汗だけではなく、赤ちゃんっておしっこもたくさんしますよね??1日に10回とかするときも平気であります。

新陳代謝がよくて体から汗がでてそれにプラスしておしっこも多くでるということは、それだけ水分が必要になるということです。

なのでもしかしたらミルクや母乳だけでは十分に水分補給になっていない可能性があります。例えば、顔色が悪かったり、いきなり愚図り始めたり、背中に異常に汗がでていたり、おしっこの量が極端に減ったりしている場合は明らかに水分不足になっているので水分補給をしないといけません。

そこでちょうどミルクや母乳の時間ならいいのです、時間があまり空いていないとミルクや母乳はお腹が一杯だから飲まないなんてこともあります。なのでミルクや母乳以外での水分補給も少しは考えていた方がいいと思います。

 赤ちゃんの水分補給で飲むもの

ミルクや母乳以外で赤ちゃんの水分補給としてオススメの飲みものは、白湯(さゆ)と赤ちゃん用の麦茶などです。白湯って湯冷ましのことで、一度水を沸騰させて覚ました水のこといいます。それを麦茶がオススメです。

麦茶がいいなら他のお茶などもいいのかなって思うかもしれませんが、他のお茶にはカフェインが入っている場合があります。まだ赤ちゃんの時期はカフェインはあまりよくないので、もし、麦茶以外のお茶を飲ませるなら赤ちゃん用のお茶か、カフェインが入っていないお茶にしましょう。でも麦茶が一番いいのかなって僕は思います。

それ以外にもスポーツドリンクや果汁ジュースなどの飲み物もありますが、これらの飲み物は糖分を多く含んでいるのであまりオススメしません。もしどうしても飲ませる場合は離乳食以降にしてあまり糖分が入っていないスポーツドリンクを選ぶか、赤ちゃん用のイオン飲料にするといいでしょう。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの水分補給まとめ

3ヶ月の赤ちゃんで体重約1kg辺り150ml前後の水分が必要だと言われています(授乳も含める)この値くらいならミルクや母乳でも十分かもと思うかもしれませんが、夏場などは汗をかく機会も増えるし、もっと必要になります。

しかも汗をかきやすいお風呂あがりとか、大泣きしたあととか、お出かけで少し日差しを浴びたときとか水分がほしいタイミングがすべて授乳の時間だとも限りません。

なのでそこで水分補給をするためにも、ミルクや母乳以外の水分補給も考えていったほうがいいかなって思います。

一度白湯などを飲ませたことがある人はわかると思いますが、赤ちゃんってミルクや母乳に赤ちゃんの舌が慣れてしまうのか、なにも味がない水を飲ませるとイヤな顔をした経験ってないですか??うちの赤ちゃんは最初の頃はそうでした。

それが続くようなら無理に飲ませることはないですが、なるべく慣れさせる意味でも徐々に飲ませてあげていってください。ミルクや母乳だけの水分補給でなにも問題がなければいいですが、もしものことを考えて少し他の水分補給も考えてみてはどうでしょうか??では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です