シェアする

赤ちゃんを寝かしつける「おくるみ」が効果があるのはいつまで?

シェアする

どうもこじパパです。

赤ちゃんが寝てほしい時に寝てくれない。泣き止まない。

そんな毎日を過ごしていたまだ赤ちゃんが生まれて間もないころ、何か寝かしつけに効果があるのはないの?ということで散々ネットでは調べて本などで調べていた我が家。

そんなたくさんの情報からいろいろな方法を試した中で一番効果があったのが「おくるみ」でした。

我が家では赤ちゃんを寝せるには「おくるみ最強説」がでるくらいおくるみにはお世話になりました。

今はもうおくるみは使っていませんが、当時は本当におくるみで寝かしつけたり、泣き止む時に使ったりと、おくるみがあれば寝てくれる赤ちゃんだったので、今思えば他のおもちゃなどはあまり要らなかったなと思うくらい泣いたり、寝なかったりしたらおくるみを使っていました。

そこで今回は我が家が赤ちゃんを寝かしつけるおくるみが効果があった時期はいつまでだったのかについて書いていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの寝かしつけ

family-457235_640

赤ちゃんの寝かしつけを完璧にできる人なんているんでしょうかね?いたら僕は尊敬します。それくらい赤ちゃんの寝かしつけは大変だと思います。

今でも夜に中々赤ちゃんが寝ない場合は大変なときもありますが、我が家の赤ちゃんはそこまで昼夜逆転をしたわけでもないし、夜泣きなどもそこまでひどくないので、夜泣きなどをする赤ちゃんに比べればマシです。

周りの友達とかで夜泣きをする赤ちゃんがいる友達がいますが、マジで寝れない!!といっていたので、夜泣きや昼夜逆転しないだけでもよかったかなと今では思っています。

ただ、今はまだ8ヶ月なのでもしかしたらこれから夜泣きが始める可能性もあるので、気を抜けませんが、今のところはそんな素振りもないので安心しています。

でも生まれた時は本当に赤ちゃんの寝かしつけってどうしていいかわかりませんでした。だって赤ちゃんなんて今までいなかったわけだし、育てたこともないので、わかるわけないですよね?

だからこそみんな初めての赤ちゃんの時は悩んで、「どしたら泣かないで寝てくれるかな?」って調べながら子育てをするのだと思います。

それに他の人の意見を聞いてもそれが実際に自分の赤ちゃんにも通用するかというと、それもすべてが通用するわけではありません。

赤ちゃんだって一人の人間だからこそ、人と違う場合だってありますよね。だからこの寝かしつけに関してもいろいろ試したわけです。

 実際に効果があったのはおくるみ

実際に「赤ちゃん 寝かしつけ」とかでネットで検索すると約50万件ヒットするわけですよ。

まー全部が「赤ちゃん 寝かしつけ」ってことについて書いてあるわけではないのですが、それでも多すぎます。

それに本などからも調べたりするともう以前に書いた

あなたは大丈夫?ネットなど子育ての情報に振り回されないために大事なこと

みたいに情報過多になって、頭が可笑しくなりそうになります。

「一体何を信じればいいじゃい!」ってなるわけです。絶対になります。

それくらい子育ての情報って多いので、あまり情報には流されないようにしましょうね。

そんな中自分たちでこれは使えそうだなというのをいくつかピックアップしてみました。

・添い寝をする

・CDなどの音楽を聞かせる

・抱っこする

・寝る直前にお風呂

・車でドライブ

・おくるみ

・部屋を暗くする

・おっぱいをあげる

などなど、たくさんある中でもピックアップしました。

このピックアップした赤ちゃんを寝かしつける方法の中で一番効果があったのが「おくるみ」でした。

ちなみに僕が小さいころは車でドライブして寝かしつけていたといっていたので、中々寝ない赤ちゃんだったんだと思います。

赤ちゃんを育ててみて初めてわかりますが、子育てってやっぱ経験しないとその大変さってわからないですよね。

昔よく親に「あんたも親になれば親の気持ちわかるから」って言われてことがありますが、少しづつ実感しています。

まだ我が家の子どもは赤ちゃんなので、そこまで親の気持ちがわかるかというと正直なところわかりませんが、いずれわかるときが来るのかなって思います。

少し話が逸れましたが、実際におくるみ以外の方法でも寝かしつけも効果はあると思いますが、即効性で効果があったのはおくるみでした。

おっぱいをあげることは僕は男なので無理だし、音楽とか全く効かなかったと思います。

そもそも新生児のころは音楽を聞かせてもあまり意味がないように思います。あくまでこれは我が家の意見ですが。

スポンサードリンク

 おくるみが効果があったのはいつまで?

実際におくるみを使い始めたは新生児のころで、生まれてすぐに試して効果を実感することができました。

その時に参考にしたのが「赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」という本です。

恐らく赤ちゃんがいて寝かしつけに悩んでいる人なら持っている人も多いと思いますが、この中にあるおくるみで寝かしつけつける方法を参考にして行いました。

最初は中々本に書いてあるとおりにできず、悪戦苦闘しましたが、徐々に慣れてできるようになりました。

それからは泣いたり、寝つきが悪かったりしたら、このおくるみの方法で実際に寝かしつけたりしていました。

大体の目安ですが、我が家の赤ちゃんは3〜4ヶ月くらいまでは効果があったと思います。その後からは徐々に嫌がるようになったので、辞めてしまったので、おくるみの目安としては4ヶ月くらいかなと思います。

それに新生児の頃はあまり動きがないですが、徐々に大きくなるにつれて赤ちゃんの動きも大きくなります。

大体寝返りをするようになると、おくるみもあまり効果がなくなると考えておけばいいと思います。

勿論、赤ちゃんの中にはもっとおくるみで寝かしつけられる期間が長い赤ちゃんもいるとは思うので、あくまで参考程度にしてください。

寝返りや動きが激しくなってきたら頃合いくらいに思っておけばいいと思います。

 まとめ

我が家の赤ちゃんはおくるみがよく効きましたが、赤ちゃんによっては全く効かない赤ちゃんもいるでしょう。

そんな場合は少し面倒かもしれませんが、いろいろな寝かしつけの方法を試してみるのがいいです。

その中にはきっと自分たちの赤ちゃんにあう寝かしつけの方法がみつかるでしょう。僕たちは何故かいつのまにか、おくるみが自然と終わっていました。

とにかく寝るときに激しく動くようになったら基本的におくるみは終了です。

よっぽど寝ぐせがよくてあまり動かない赤ちゃんなら効くかもしれませんが、赤ちゃんは基本的に寝ているときも動きまわるので、大体の赤ちゃんはそれくらいになればおくるみの効果はなくなります。

でもそれは赤ちゃんが成長している証でもあります。

今では「そういえば、おくるみやってたよね〜」くらいで懐かしい感じもします。

おくるみはずっとは使えませんが、効果がある赤ちゃんには絶大に効果があるので、少し寝かしつけに困っているパパやママがいたら試してみてください。

やり方はこの本に書いてあります。

では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です