生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴とは

子育て

どうもこじパパです。生後1ヶ月はまだ新生児と言われる時期で本当に赤ちゃんが自分からなにか行動を起こすということはあまりない時期です。

 

しかしそれでも生まれたばかりの0ヶ月の頃よりは手足を動かしたり、光の方向を見てみたり、クーイングなどがいうようになってきます。

 

そこで今回は生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴について書いていきます。

スポンサードリンク

 生後1ヶ月の身長と体重

file0001108502810

生後1ヶ月のころの赤ちゃんの身長は約50〜60cm前後です。出産時の身長や男の子と女の子である程度差がでてくる場合がありますが、大体の平均はこの値になります。およそ出産時から5cmくらい伸びていれば順調ですが、これも個人差があるので特に心配をする時期ではありません。

 

体重は出産時に比べて一時期すこし体重が落ちます。おおよその目安ですが生後1ヶ月の体重は約3.5〜6.0kgと幅が広いです。生まれた時より約1kg前後増えていれば問題ないです。中にはミルクや母乳をすごく飲む赤ちゃんもいてそれで6kgくらいになる赤ちゃんも中にはいるそうです。生後1ヶ月で6kgは凄いですね。

 

うちの赤ちゃん出産時に3.0kgで1ヶ月健診の時に測った時は4.6kgあったので、1ヶ月で1.5kg増えたことになります。大体の目安が1kgなだけで、うちの赤ちゃんみたいに少し多い場合もありますが、なにも異常も見られなかったので特に問題はないと思います。

 

1日に増える体重は約30〜40gが平均と言われていますが、60gくらいまで増える赤ちゃんもいるのでそれくらいに収まっていればなにも心配はいらないでしょう。

 

僕の知り合いで4kgで生まれて赤ちゃんがいまいしたが、大きく生まれた赤ちゃんはやはり成長幅も大きいのでもしかすると当てはまらないことはあるかもしれませんが、もし心配ならお医者さんや保健師さんに相談してみるといいと思います。何事も無く元気なら多分なにも問題ないと思いますが。。

コメント