シェアする

赤ちゃんへおしゃぶりを与える時の注意点と影響

シェアする

どうもこじパパです。赤ちゃんのおしゃぶりをしている姿っていかにも赤ちゃんって感じで可愛いですよね。

今はいろいろなデザインのおしゃぶりがたくさんあるので一つのオシャレとしてつけている人も多いと思います。

でも中にはおしゃぶりってあまりよくないと言われていることもあり、おしゃぶりをさせていいかどうか悩んでいる人もいるのではないでしょか?

そこで今回は赤ちゃんへおしゃぶりを与えるときの注意点と影響についてかいていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんへおしゃぶりを与える時期

baby-215298_640

赤ちゃんへおしゃぶりをを与える時期は、大体指しゃぶりが始める2〜3ヶ月くらいからです。それ以降になってしまうと「吸てつ反射」といって口に触れた物を吸うという原始反射が徐々になくなってくるので、この時期くらいまでにおしゃぶりを始める赤ちゃんが多いです。

中には生後すぐだったり、1ヶ月くらいからつけている赤ちゃんもいるので特に3ヶ月以前ならいつつけても問題はなさそうです。

そしておしゃぶりをやめる時期ですが、遅くても1歳くらいまでには辞めるようにしましょう。理想ははいはいが始まるころや離乳食を食べる時期に辞めるのがいいでしょう。

1歳を超えてしまうと今度は言葉を話すことの妨げになってしまうことがあります。中には自分たちの赤ちゃんが中々言葉を話すことができなくて困っているというのは、もしかしたらおしゃぶりを1歳以降もつけていて会話をするという行為が少ないが原因ということも考えられます。

もし未だに1歳を超えてもおしゃぶりをしているようなら徐々に辞めさせていったほうがいいでしょう。

 おしゃぶりのメリット

おしゃぶりを与えるメリットですが

・精神的安定

・寝かしつけが楽

・泣いている時に有効

などのメリットがあります。一番の理由は愚図ったりした時におしゃぶりを与えると泣き止むのでそれでおしゃぶりを使っているという家庭の多いでしょう。

それに外出した時に、中々泣き止ませるのって大変ですよね?そんなときにおしゃぶりがあればすぐに対応ができるので楽です。

またいくら自分たちの赤ちゃんだからといってもあまりに泣き止まないときが多いとママも精神的に疲れてきてしまいます。

疲れが溜まるってくると知らず知らずのうちにストレスが溜まっていきいつの間にか、育児ノイローゼになってしまうなんてことも考えられます。本当に泣き止まない時は泣き止みません。

そんな時におしゃぶりを与えて泣き止やんで落ち着いてくれるなら、おしゃぶりを活用しても僕はいいのかなと思います。おしゃぶりはそれくらい効果がある子には効果があります。

 おしゃぶりのデメリット

おしゃぶりのデメリットとは

・歯並び悪くなる

・言葉の発達のおくれ

・コミュニケーションがなくなる

などがデメリットにあげられます。しかしこの中の歯並びが悪くなるのいうのは、あくまで2〜3歳くらいまでおしゃぶりを長い時間行なっていた赤ちゃんがなると言われていて、それ以前に辞めていればそこまで影響がでることはないと最近は言われています。

コミュニケーションがなくなるというのは、おしゃぶりを与えることで赤ちゃんは落ち着きます。しかし普通ならあやしたりすることで赤ちゃんとのスキンシップやコミュニケーションが増えます。それをおしゃぶりを与えすぎてしまうことで、コミュニケーションやスキンシップがなくなってしまうので、あまりおしゃぶりを与えすぎるのもいけないと言われています。

これも別におしゃぶりを与えすぎるのが原因であって、そもそも泣いたらすぐにおしゃぶりを与えるというのはあまりオススメしません。

そのうち癖になってしまっていずれおしゃぶりを外そうとした時に大変になるので、あまり頼りすぎるのはよくないのかのと思います。

スポンサードリンク

 おしゃぶりのまとめ

おしゃぶりも有効的に使えばいい育児グッズだと思います。しかしおしゃぶりを使うにはしてもあまり依存をするのはやめたほうがいいのかなと僕は思っています。

やはり依存が強いとどうしてもやめさせるときに苦労します。大人でも一度クセになってしまったことって中々治すことって難しいですよね?

これは赤ちゃんも同じで、クセがついてしまいそれを治すことは本当に大変です。僕の嫁さんは保育園でそれを経験しているので、あえて僕たいの赤ちゃんにはおしゃぶりをさせていません。

なのでおしゃぶりなどを使うことはメリットもありますが、デメリットも少しはあるのだということを考えて使っていってください。では今回はこれで^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です