赤ちゃんへの絵本はいつから読み聞かせるのがベストなのか

子育て

どうもこじパパです。昔から赤ちゃんの頃から絵本などを読み聞かせるということは天才児を育てるなんていうことをきいたことがある人も多いのではないでしょうか??

 

天才児というと少し大げさだとは思いますが、赤ちゃんの頃から絵本を読み聞かせることは脳への刺激だけではなく、心の発達にもつながると思います。

 

読んでいる親の方も少しなんとくなく心が落ち着くようなそんな気がします。そこで今回は赤ちゃんへの絵本はいつから読み聞かせてるのがベストなのかかいていきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせは重要

絵本を読み聞かせることは赤ちゃんにために大切だということははもちろんのこと、普段忙しくてあまり赤ちゃんに接してあげれていないパパやママにとっては、しっかりと赤ちゃんと接することができる時間なので絵本を読み聞かせるということはパパやママにとっても非常に有意義な時間だと思います。

 

普段中々声をだして絵本なんて読まないと思うので、結構読んで見るといろいろな発見があって楽しいです。それに絵本を読んであげるということは声をだすということです。

 

声を赤ちゃんに聞かせてあげるということだけでも赤ちゃんにとっては非常に大切なことなのです。そうとはいっても絵本を読んであげるタイミングもあります。

 

明らかに機嫌が悪いときに絵本を読み聞かせてもあまり効果はありません。これは大人と一緒です。例えば自分が機嫌が悪い時にいろいろ横から話をされても余計にイライラしてしまいますよね?

 

それと同じで赤ちゃんも同じく機嫌が悪い時に聞かせてあげても逆効果になってしまうことも考えられます。中には絵本を寝る前に読ませて子守唄代わりにしているという家庭もあると思います。

 

なので一概にこの時間帯がいいというは赤ちゃんによって様々ですが、絵本を読む時間をいろいろ試してみて、よく聞いてくれる時間帯をみつけて聞かせてあげるのが僕がいいのかなと思います。

コメント