赤ちゃんの水遊びはいつから?プールでの注意点やおもちゃについて

子育て

 

どうもこじパパです。

 

これから本格的な夏になるわけですが、そんな時に赤ちゃんや子どもとしたい遊びの一つに「水遊び」がありますよね?

 

 

プールなどにいくとよく親子で仲良く気持ちよさそうに遊んでいる姿を見ると、早く自分も子どもプールや水遊びがしたいなと思っていました。

 

 

うちの子はまだ小さいので公共のプールにつれていくことはできませんが、遊ぶなら実家などでビニールプールを使って遊びたいなと思っています。

 

 

水遊びに慣れるまでが大変かもしれませんが、水遊びもやらせないと慣れませんからね。そこで今回は赤ちゃんの水遊びについていろいろをまとめてみたので参考にしてください。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの水遊びはいつから?

 

赤ちゃんの水遊びといっても、公共のプールにいったりするのか、自宅で軽くお風呂やビニールプールなどを使って遊ぶのかのどちらかだと思います。

 

 

公共のプールの場合だとオムツが取れていない赤ちゃんはお断りのところも多くありますが、今は水遊び用のオムツも販売しているのでその水遊び用のオムツを履けばいいですよっていう公共のプールも増えてきているみたいです。

 

公共のプールにつれていって遊ぶ場合はオムツがとれているか、もしくは水遊び用のオムツなら大丈夫かどうかを確認してからいった方が良さそうです。

 

 

せっかく遊びにいったのに断られたりしたら、イヤですからね。しっかりと前もって確認の電話をいれるようにしましょう。

 

 

また自宅でお風呂の中で水遊びをしたりビニールプールを使ったりする場合は、特にオムツなどに関しては気にすることはないでしょう。自分たちがもしかしたらおしっこまみれになるだけです。

 

 

ではいつの時期くらいから水遊びで遊ぶことができるのかというと、ビニールプールなどを使うのであればお座りができるくらいからだと、一緒に遊べるし少しは楽しいのかなと思います。

 

 

お座りができいとビニールプールなどにも座ることができないので、遊ぶにしても少し大変なのかなって思います。

 

僕達の赤ちゃんの今で7ヶ月でお座りができている状態なので、今年の夏はビニールプールを使って遊びたいと思います。

 

 赤ちゃんの水遊びで気をつけたいこと

 

赤ちゃんの水遊びで気をつけたいことといえば、赤ちゃんの体調と水温の調整と紫外線です。大人でも体調が悪い時や水温が低いとき、プールなどに入らないですよね?

 

 

それと同じで赤ちゃんや子どもも体調が優れていないときは水遊びは控えるようにしましょう。

 

 

また水温の調整も大事です。特に外でビニールプールやプールなどに入る時は水温が低い場合があります。

 

 

そんな時は少しの時間日光に水を当てて水温を上げるか少しお湯などで調整するようにしてください。およその目安としては28℃前後くらいがいいでしょう。

 

 

そして次に気をつけてほしいのは紫外線です。家の中でお風呂を使ってやるのなら問題はありませんが、外でやる場合は紫外線をもろに浴びることになるので注意が必要です。

 

 

できるなら屋根があるところで行うか、今は屋根付きのビニールプールも売っているのでそれを活用するのもいいと思います。

 

特に赤ちゃんの時は肌が敏感なので紫外線の影響をかなり受けてしまいます。大人になってから、恨まれないようにしっかりと紫外線対策はするようにしましょう。

 

 

また最初はあまり長い時間水遊びを行わないで短い時間で水遊びをするようにしたほうがいいです。水遊びって自分で感じでいる以上に体力を使っています。

 

 

赤ちゃんや子どもは特に体力なんか気にしないで、どんどん遊ぶので余計に体は疲れてしまいます。

 

 

慣れてくれば徐々に水遊びの時間を伸ばしていってもいいですが、まずは体調を確認しながら少しづつ水遊びをするようにしましょう。

 

 

それと水遊びが終わったら、水分補給も忘れないでしてください。汗も一緒にでているので脱水症状なる可能性もあります。

コメント