シェアする

赤ちゃんや子どもでも気をつけたい絞扼性イレウスの症状と原因

シェアする

どうもこじパパです。先日ニュースで俳優のオダギリジョーさんと女優の香椎由宇さんの子どもである1歳の次男が20日に亡くなっていたいうニュースをみました。

1歳でなってしまうという悲しすぎるニュースだったのですが、この子どもがなくってしまった病気が絞扼性イレウスいう病気です。

そこで今回は赤ちゃんでも気をつけたい絞扼性イレウスの症状と原因についてかいていきます。

スポンサードリンク

 絞扼性イレウスとは

絞扼性(こうやくせい)イレウスとは絞扼性の締め付けるという意味とイレウスの腸の運動障害が起こり、正常な消化管活動が行ないえない状態が組み合わさった病気で別名で「腸閉塞」とも呼ばれるものです。

すこしわかりずらいかもしれませんが、腸に何かしらの異常が起きてそれで腸がねじれたり絡まってしまい、うまく食べ物や飲み物や血液などが運ばれない状態のこといいます。

この状態になると腸の中をうまく物が通過できないので自然と物が腐敗してしまい、腸の中自体が腐ってしまうという恐ろしい病気です。

絞扼性イレウスの症状ですが、腸に異常があるのでもちろんお腹に激痛が走ります。それ以外には嘔吐を繰り返したり、最悪は今回のニュースのようになくなってしまう可能性もあります。

イレウス自体は軽度であれば食事療法など対応ができると言われていますが、絞扼性イレウスの場合はすぐに手術をしないと危険だと言われています。

どんどん遅くなるにつれて血液は回らないし、腸がどんどん腐敗していってしまうからです。

 赤ちゃんや子どもの絞扼性イレウス

IMG_9482 (1)

今回のニュースのように1歳で絞扼性イレウスになってしまう場合もあります。そこまで赤ちゃんや子どもがなるケースは稀とは言われていますが、それでもなにがあるかわかりません。

先程いった嘔吐がでたり、その嘔吐の中身が酸っぱい臭いをした胃液だったり、胆汁だった場合は注意が必要です。

またもしミルクなどを嘔吐する場合でも絞扼性イレウスの場合は何回も嘔吐を繰り返すのでおかしいのがわかると言われています。そんなときはすぐに医者にいってみてもらうようにしましょう。本当に少しの遅れが命の係るということも考えられるので。

絞扼性イレウスは勿論大人でもかかる病気です。僕もこのニュースをみて改めて病気の恐ろしさを感じました。

いざもし自分がかかってしまって命を落としてしまうことも、考えていかないといけないと思いました。特にパパは自分になにかあった時のための家族ことは常に考えていかないといけません。

僕は子どもが生まれて改めて保険を見直しました。詳しくはこちらの記事に書いてありますが、相談は無料なので一度相談だけでもしてアドバイスをもらうのもいいと思います。いつなにかあってからでは遅いのでなるべく子どもが生まれた段階で一度見直してみてくさい。

参考記事

>>赤ちゃんが生まれた時に何故生命保険を見直すのか

 絞扼性イレウスのまとめ

絞扼性イレウスは早期発見でしっかりと適切な処置ができれば命が助かる病気です。今まで聞いたことがないという人も多くいたと思います。

病気というのは知っているのとしらないでいるのでは全然対応できることが変わってきます。ある程度知っていればすぐにおかしいなと感じたら対処ができることもあると思いますが、なにも知らなければ医者に連れていくまでなにもできません。

そうならないために少しでも子どもや赤ちゃんがいる家庭では病気のことについて勉強しておくことも大事なのかと思います。では今回はこれで。

>>赤ちゃんが生まれた時に何故生命保険を見直すのか

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です