シェアする

赤ちゃんに与えるスマホの影響について

シェアする

どうもこじパパです。ここ近年は急激にスマホを持っている人が増えてきて、最早若い人でスマホを持っていない人の方が珍しいのではないかというくらい浸透しています。

日本でも最近のニュースではほぼすべての携帯端末メーカーが2017年以降にはガラケーから撤退するというニュースが流れたばかりです。

そうなるとよりスマホがこれからも浸透していくことが予想されます。そこで今回は赤ちゃんに与えるスマホの影響について少し書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 赤ちゃんとスマホ

4442939883_264d250fcd

スマホといえばそれは便利でたくさんの赤ちゃんに関するアプリなどが多くでているし、なにか悩みがあれば少し検索すれば情報を得られることができるので、スマホは手放すことはできないという人も多いと思います。

実際に僕も奥さんもスマホは使っていますし、いろいろな情報収集などの面でも役にたっているので結構活用しています。

しかしここ最近は親だけではなく赤ちゃんの頃からスマホを使わせている親が増えていると聞きました。その理由の一つは子守代わりだそうです。

少し前ならテレビが子守代わりで手が離せない時にテレビを見させていたという家庭も多いのではないでしょうか?

それが今では気軽に見れることもありスマホやタブレットを子守代わりにしている人が増えてきているということです。

確かに赤ちゃんでもできるようなアプリもあるし、YouTubeなどを探せば赤ちゃんに見せるような動画なんていくらでも見れるので、テレビより気軽に見れるので活用しているのかもしれません。

確かに泣いている時や少し家事をしたいときなどに、大人しくしてほしいと思い使わせているだと思いますが、それって本当にいいことだとおもいますか?ある程度はしょうがないと僕も思います。

愚図っているときや、泣いているときなんか特に思います。しかしわざわざ体に悪いスマホを使わせる必要はないのかなって思いませんか??

例えばスマホを使うにしても音楽を出すために使う程度なら全然いいと思います。しかしわざわざ小さい赤ちゃんのころからアプリなどをやらせる必要はないのかなって僕は思います。

スマホを赤ちゃんの時から使って天才になるなら話は別ですが、この時期にスマホをイジらせることは逆に悪影響がでることの方が多いと思います。

 赤ちゃんへの影響

赤ちゃんがスマホを使うことでの影響や親がスマホを赤ちゃんに近づけることでの影響など様々なものがあります。

大人では大丈夫なものでも赤ちゃんにとっては悪影響がでるなんてこともたくさんあります。

電磁波の影響

スマホってあまり知られていないかもしれませんが、相当な電磁波がでています。電磁波も様々な種類がありますが、特に家電製品や高圧送電線などからでる電磁波は体にあまりよくないと言われています。

家電製品の場合だと電子レンジなどから強い電磁波がでています。そしてこの強い電磁波はスマホからもでていて、以前流行っていたガラケーよりもスマホの場合は電波の受信の仕方が違うため、電磁波が強くなり脳や体がまだ未発達の赤ちゃんにとっては、相当なダメージを受けていることになります。

寝るときに赤ちゃんの横に今までスマホなどを置いていたなんて人今すぐに、違うところに置くようにしましょう。

視力の低下

次のスマホの影響は視力の低下です。スマホからは多くのブルーライトという光線がでています。このブルーライトは目に物凄く悪いと言われている光です。

PCからもこのブルーライトは多くでているのですが、最近はPCメガネといってブルーライトを低減してくれるメガネもでています。それくらいブルーライトは目に悪い光線です。

赤ちゃんがスマホを使えば勿論このブルーライトを浴びることになります。赤ちゃんは大人よりも目がまだ未発達なので、大人以上の刺激を受けてしまい目が傷ついてしまいます。

しかも赤ちゃんの場合は初めてみるものはなんでも珍しいものだと思い、なんでも真剣になって目を見開いてみています。

目をそらすということをしません。そうなると自然とスマホを見ている時間が多くなり、視力低下につながってしまいます。

スマホの依存性と言葉の発達

スマホを一度使うとその使いやすさと面白さから、長時間使ってしまうという依存性が高い製品です。特にタッチすればなにか反応がでるというのは、赤ちゃんにとっては最高のおもちゃになります。

テレビよりも依存性が高いとまで言われています。テレビはみるだけですが、スマホやタブレットに関しては実際に触っていじれるという動作ができるので余計に面白いのだと思います。

長時間使うということは先程いった目に悪いことはもちろんのこと、今度はあまり人と会話などをしなくなってしまいます。

特に集中しているときなどは全く耳を傾けないだろうし、しゃべりもしません。実際に赤ちゃんの時からスマホをイジっていてあまり会話をしていない子などは、言葉を覚えるのに相当な時間がかかると言われています。

スマホやる=コミュニケーションがなくなる=会話がなくなる

こんな感じになってしまうのでそれだけ言葉の発育に影響でるということです。

細菌などの影響

スマホって普段はあまり感じない人も多いと思いますが、物凄く汚いってしっていましたか?中には毎回しっかりと消毒をしているという人もいるかもしれませんが、そこまで普通の人はしていないと思います。

消毒をするといっても中々簡単には消毒できですよね。それくらいスマホって汚れています。それを赤ちゃんが触ったらその細菌がすべて赤ちゃんの手に付きます。

もし、その手をそのまま口につけたとしたらその細菌が体内の中に入ることになります。赤ちゃんはまだまだ免疫力も備わっていません。

大人なら少しの細菌くらいなら体に影響がでることは基本的にはあまりないですが、赤ちゃんの場合は少しの細菌で体に影響がでたなんてことは普通にあります。それくらいまだ免疫力がありません。

 スマホの使い方

実際に赤ちゃんにはスマホを持たせないことが一番いい方法です。しかしいざやめろといっても中々難しい人も中にはいるでしょう。

そこでスマホ赤ちゃんに使わせるときなのですが、時間はしっかりと決めてください。最大でも1日30分使わせたら辞めさせるのベストです。

そしてできればそこから徐々に時間を短くしていくことをオススメします。どうしても同じ時間を繰り返しているとやめるということができなくなってしまいます。

最悪の場合は30分で辞めさせることでもいいですが、最終目標はあくまで赤ちゃんの時はスマホは使わせないという意識を持つことが大事です。

スポンサードリンク

 赤ちゃんとスマホのまとめ

これからの時代はスマホやタブレットを活用していく時代になってくると思います。しかし赤ちゃんのときからスマホを使わせるのはまだ早いと僕は思います。

それ以前に一緒に会話してあげることとか、一緒に散歩にいって自然と触れ合うとか、スポーツをやるとか、そういうことを経験させることが大事なのかなと僕は感じています。

それからスマホやタブレットを使わせていってもいいのではないでしょうか?使っていけないとはいいませんが、それを赤ちゃんの時から使わせるのはどうなのかってことです。

赤ちゃんの成長って本当に早いです。確かにグズるときもあるし、泣き止まなくてどうすることもできないときもあります。

しかしそれは今しかできない経験だと思ってそれをスマホとかで解決するのではなくて、もっとちがう方法で解決できる方法見つけてほしいと思います。

赤ちゃんがみるべきなのは画面の中ではなくて、ママとパパの顔だってこと常に意識してみてください。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です