赤ちゃんの夏の服装はどうする?肌着などの着せ方について

子育て

どうもこじパパです。これから本格的な夏になると、赤ちゃんにどんな恰好をさせていいのか悩みますよね?

 

大人なら自分で厚い時は薄着になれるし、少し寒いときは服を着ることもできます。

 

しかしまだ言葉を発することができない赤ちゃんは自分で暑いや寒いなどをいうことができないので、しっかりと親が判断して服などで調整してあげることが大事です。

 

そこで今回は赤ちゃんの夏の服装を肌着の着せ方なのどについて書いていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの服装

赤ちゃんはまだ自分で体温調整があまりうまくできません。

 

体温調整ができないということは、ある程度服装で体温調整してあげないといけません。

 

以前に春くらいの4ヶ月健診の時ものすごい顔を赤くした赤ちゃんがいました。

 

その時は気温的にはそこまで寒くはなかったのですが、その赤ちゃんの親は何故か靴下を履かせていた上に、服を何枚着せているんだよってくらい服を着せていました。

 

確かに若干外にでれば肌寒いかなって感じるくらいでしたが、あれは赤ちゃんにとってよくないと思いました。

 

なので親がしっかりとして服装などを管理してあげないと、このように赤ちゃんにとってマイナスになってしまうことがあります。

 

その親は健診の時に注意されていましたが、自分が勝手思い込んで行なっていることが、正しいというわけではありません。そこはしっかりと判断していってほしいです。

コメント