シェアする

新生児や赤ちゃんの日光浴の注意点とは

シェアする

どうもこじパパです。

よく昔は日光浴はさせたほうがいいと言われていたので、実家などに帰ったりしたときに両親や祖父母に

「赤ちゃんの日光浴はしているの?」

など聞かれて経験がある人も多いと思います。

しかし、今は紫外線などの影響もありそこまで日光浴が赤ちゃんにとっていいことではないと言われるようになってきまいした。

しかも、ここ最近の母子手帳にも日光浴という言葉自体がなくなっています。よーくみてみてください。

そこで今回は新生児や赤ちゃんの日光浴の注意点についてかいていきます。

赤ちゃんの日光浴が何故悪いのか?

赤ちゃんも1ヶ月くらいから徐々に外の世界を見ることも兼ねて日光浴をすることがいいと言われてきました。

しかし、ここ近年は紫外線の影響が大きいと言われてきて母子手帳にさえ日光浴を推奨はしていません。そもそも大人のようにまだ新生児や赤ちゃんは皮膚の組織などは完璧に出来上がっているわけではありません。

なので、大人が浴びる紫外線と赤ちゃんや子供が浴びる紫外線では、圧倒的に赤ちゃんや子供への皮膚に与える影響が大きくなります。

そして赤ちゃんや子供が紫外線を浴びて日焼けになってしまうと、「日光湿疹」という症状がでやすくなります。

この日光湿疹は日焼けした部分がカサカサになってしまい、赤いポツポツみたいな湿疹できてしまう症状です。

大人でも日焼けをするとなる可能性がある症状なので、皮膚が弱い赤ちゃんなどは特になりやすい症状なので注意が必要です。

だから今では日光浴は新生児や赤ちゃんには推奨されなくなってしまったのです。

赤ちゃんの日光浴の注意点とメリット

先程いった通りに紫外線による皮膚への影響を考えると長い時間の日光浴はあまりオススメできません。

では全く赤ちゃんや子供が日光浴をしない方がいいのかというとそういうわけではありません。

それに完璧に紫外線をすべてカットするなんて無理ですよね。僕はそこまで細かい性格ではないのでぶっちゃけ面倒くさいです。

あくまでも、ずっと紫外線を浴びるような状況にしているのが悪いわけであって、多少の日光浴であればむしろカラダにとってはメリットもあります。

では日光浴の注意点と日光浴のメリットについて少し説明します。

赤ちゃんの日光浴への注意点

あくまでも日光浴はやり過ぎないことが大切です。

ではどれくらい赤ちゃんが浴びてもいいのかというと、15〜20分程度でも赤ちゃんには十分と言われているのでその時間を目安に日光浴をするのならいいと思います。

僕も赤ちゃんがまだ小さいころはベランダにでてこれくらいの時間、日光浴をしていました。勿論毎日ではありません。

徐々に大きくなれば時間を伸ばしてもいいと思いますが、まずはこれくらいで始めるのが一番いいでしょう。

また日差しが強いお昼の時間帯ではなく、あまり日差しが少ない午前中などに日光浴をするなどの工夫をするといいでしょう。

もし日光浴をするのであれば、紫外線をあまり浴びすぎないようにして、日光浴後はしっかりと水分補給などをしてあげるようにしましょう。

ママの肌もボロボロになる前にお手入れを

また子供や赤ちゃんは特に紫外線には注意が必要ですが、それ以上にママなども紫外線などからくる肌へのダメージには注意が必要です

特に子育て中は自分の美容には全く無関心になってしまっていて諦めているママも少なくありません。

「子育て中だからしょうがない」

こんな風に思っている人は本当に注意が必要ですよ。

子育てが終わって落ち着いてからケアをしたり、予防をしようと思っても30代以降から肌の手入れをしないと肌がボロボロになってしまいます。

子育て中で自分のことのあまりお金や時間をかけることができないのはわかります。

ただ、それでも旦那さんとかはいつまでも綺麗な女性でいてほしいと思っている人が多いです。僕もです。

いきなりエステに通ったりすることはできないと思いますが、ちょっとづつでもいいので肌の手入れなどは行うことをオススメします。

子供だって綺麗なママでいてほしいと誰もが思っているはずですよ。

化粧品であれば無料お試しセットなどもあるので、それを活用してみるものいいですよね。無料なので。

僕の奥さんはよく化粧品の無料お試しセットなどは頼んでいます。

女性の味方ですよね。無料の試供品セットって。化粧品に関しては男の僕のはわかりませんが。その他の無料サンプルとかはよく応募します。

赤ちゃんの日光浴のメリット

では次に日光浴のメリットですが、人は太陽を浴びることでビタミンDが体内や皮膚で作られます。

このビタミンDはカルシウムなどの吸収を促進して骨を強くしてくれたりする働きがあるので、少しの日光浴よくならむしろ赤ちゃんにもいいと言われています。

また、日光浴を浴びることでセロトニンという幸せホルモンが分泌されます。

セロトニンには脳の交感神経を刺激してくれる働きがあるので、いつも眠たそうにしている子供などには逆にオススメです。

このように日光浴を浴びることで得られるメリットもあるので、

「紫外線に注意しながら適度に日光浴をする」

ということを意識してみてください。

赤ちゃんの日光浴のまとめ

またいろいろ両親や祖父母に言われたりするとおもいますが、昔の考えと今の考えでは違うので、お互いがしっかりと話し合って決めて、あまりにもしつこいようであれば、今はあまり日光浴をやらないということをしっかりと両親や祖父母に伝えましょう。

実際に母子手帳を見せてあげてもいいですし。

わざわざ紫外線を浴びるために毎日日光浴をすることないですが、日光浴が全くダメというわけではないので、その辺りは二人で話し合って決めていってください。 

シェアする

フォローする

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です