赤ちゃんもかかりやすい夏風邪の手足口病の症状と原因は

子育て

どうもこじパパです。これから夏に向けて気をつけたい病気の一つに手足口病があります。ここ近年では2013年に流行して当時の東京都や各地のホームページでも流行警報がでるくらい流行り覚えているという人もいるのではないでしょうか??

 

主に夏の6〜8月にかけて流行る病気なので、これから徐々に気をつけていかないといけません。そこで今回は赤ちゃんもかかやすい夏風邪の手足口病の症状と原因などについてかいていきます。

スポンサードリンク

 手足口病とは

手足口病(てあしくちびょう)とは38度程度の高熱がでるのにともない、食欲不振、ダルさ、喉の痛みなどがでる他に手のひら、指、足の裏、ひじ、ひざ、おしりなどに湿疹がでて、口の中に水疱ができる病気です。主に夏の時期に流行る病気で6〜8月頃ピークと言われています。

 

しかも手足口病になる患者の9割が6歳未満ということで、子どもの夏の代表的な風邪の病気の一つだといっていいでしょう。

 

夏の風邪と言えば以前に紹介したヘルパンギーナも有名で同じような症状がでるのですが、一番の違いは、手足口病はそこまで熱があがらないのとなんといっても水疱がでることです。

 

また手足の湿疹はそこまで痛みなどが生じないといわれていますが、口の中にできる水疱に関しては痛みが強くなることがあり、それが原因で食べ物が食べれなくなり食欲不振になってしまう場合があります。

 

水疱が潰れるわけなのでそれは痛いですよね。赤ちゃんの場合は基本的にミルクや母乳ですが、あまり飲まない場合は少し授乳間隔をあけてあげたりすることが大事です。

 

症状的にはそこまで長くは続くことないと言われていて数日でおさまることがほとんどです。しかし手足口病の症状が収まってもウィルス自体は体に残っているので、そこでまた感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。

コメント