シェアする

生後2ヶ月の赤ちゃんの行動や特徴とは

シェアする

どうもこじパパです。生後2ヶ月くらいになると徐々に顔の形もふっくらしてきて、いかにも赤ちゃんって感じの顔になってきます。

それに初めての赤ちゃん場合あだと0〜1ヶ月のころは本当に初めてのことばかりなので、ママやパパも慣れるに時間がかかってあっという間だったという人も多いと思います。

そこで今回は生後2ヶ月の赤ちゃんの行動や特徴についてかいていこうと思います。

スポンサードリンク

 生後2ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

生後2ヶ月だとおよそ身長は55〜60cm前後になります。僕達の赤ちゃんはちょうど57cmくらいでした。大体目安なのでこれよりも小さい赤ちゃんもたくさんいると思いますが、別にそこまで気にすることでもないでしっかりと成長していれば大丈夫です。

体重に関してはこの頃からミルクや母乳の量などによって、結構変わってくるので体重の差も大きくなります。目安としては4〜7kgの間くらいが平均で、1日に約30g前後増えてるのが目安です。

しかし2ヶ月ごろになるとよく眠る赤ちゃんだと、夜は5〜6時間くらいずっと寝ている赤ちゃんもいます。その場合だと1日に飲む量も減ってくるのでそれで体重が減ってしまうこともあります。

夜中に寝ている時にわざわざおこすのは可哀想かもしれませんが、6時間以上あくようならこの時期は少し開き過ぎなので、少し起こしてミルクや母乳をあげてください。

また生まれた時よりかなりぽっちゃりになってなんだかかなり太っているけど大丈夫かなって思う人もいると思いますが、この時期から当分の間はぽっちゃりが普通なのでそこまで気にしなくてもいいです。逆に痩せすぎている方が心配です。

 生後2ヶ月の赤ちゃん行動や特徴

file0001122788100

生後2ヶ月くらいになると少しあやしたりすると笑うようになります。少しづつですが自分の情緒がわかってくる時期です。しかも生後1ヶ月の時よりも目も少し見えるようになるので、赤い物などによく反応するようになります。

なんか知らない方向を見ているなと思ったら赤いゴミ箱だったなんてこともありました。それだけ少しづついろいろな色のわかってきて見えてくる時期です。もし目の前でなにも反応しない場合は濃い色のもので遊んであげると反応するとおもうのでためしてみてください。

その他では徐々に首がすわる時期になってきます。早い赤ちゃんだと2ヶ月目の後半で首がすわる赤ちゃんもいます。なので徐々にお散歩をさせてもいい時期になります。

まだ免疫力も体力もあまりないので、長い時間お散歩させるのはオススメしませんが10〜15分くらいなら家の周りをベビーカーなどを使って散歩するはいいと思います。

これは赤ちゃんにもいいことですが、普段家にこもりっきりになっているママにも少し外にでるということはいいことなのでこの機会に少し赤ちゃんと散歩でもしてみてください。

 生後2ヶ月の食事

生後2ヶ月では少し1ヶ月の頃より授乳の間隔が空くようになります。大体目安としては3〜4時間くらいを目安にするといいでしょう。

僕達の赤ちゃんはこれくらいの時は日中は3時間くらい置きで夜は4〜5時間くらい置きの授乳の間隔でした。そうとはいっても赤ちゃんの体調が毎日同じとも限らないので、少しズレたり飲まなかったりすることもあるので、毎日同じではないですが平均するとこれくらいでした。

あとはこの時期くらいからなるべく夜に寝るように日中に少し遊んであげて夜ぐっすり寝るようにしたりもしてました。

そうとはいっても赤ちゃんは自由気ままなので変わったりすることは頻繁にありましたが、後々のことを考えるとダメ元でも少しづつ取り組んでいったほうがいいかなと思います。

スポンサードリンク

 生後2ヶ月のまとめ

生後2ヶ月になると予防接種も始めてもいい時期になります。予防接種についてはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事 赤ちゃんの予防接種多すぎじゃね?これから受ける予防接種について

1ヶ月の成長は本当に早いです。僕達の赤ちゃんもいつの間に首すわりが終わっていたので、いつ終わったの?みたいな感じだったので少しあっけなかったです。

2ヶ月くらいから少しづつ赤ちゃんがいる生活にも慣れてくる時期だと思うので時間に余裕があれば赤ちゃんと写真と撮ったり、お散歩したりしてみてはどうでしょか??では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です