赤ちゃんが嘔吐する原因と対処法

赤ちゃんの病気

どうもこじパパです。赤ちゃんがいきなり嘔吐するというのを経験しているという家庭がほとんどではないでしょうか?それくらい赤ちゃんは嘔吐をしてしまいます。

 

大人が嘔吐をする時はほとんどが体の調子が悪い時くらいです。稀に飲み過ぎなどで嘔吐する人もいますが、それも結局は体が調子が悪いために起こる現象です。

 

ここまで頻繁に嘔吐をするのをみると少し可哀想になってきますよね。そこで今回は赤ちゃんが嘔吐する原因と対処法について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 赤ちゃんが嘔吐する原因

大人の胃の形ってどんな形をしているかわかりますか?一度は見たことがあると思いますが、まっすぐではなく少し曲がっています。

 

しかし赤ちゃんの胃はなんと大人とは違い縦にまっすぐになっていて円柱みたいな形になっています。それに胃の容量もそれほど大きくはありません。

 

生まれたばかりで30〜40mlでそれから半年ほどで120〜130mlほどに増えます。それ以降も徐々に増えてはいきます。

 

それだけ小さいので少し多めにミルクを飲んでしまうと逆流して嘔吐してしまうことが多いのです。それに先程いった胃が円柱の形をしているのも、原因で頻繁に嘔吐してしまうと言われています。

 

そうといっても少しゲップと一緒に吐いてしまうことを「溢乳(いつにゅう)」というのですが、これは赤ちゃんなら誰でも起こる生理現象と言われているので、そこまで神経質になることはありません。

 

嘔吐した際に気をつけたいのは噴水のように嘔吐をした時などは、髄膜炎や急性胃腸炎になっている可能性が高いので注意が必要です。

 

徐々に嘔吐に慣れてくると少しくらいは大丈夫だと思っていたら、実は病気だったなんてことも考えれられるので注意してください。主に

・噴水のように吐く

・吐いたあとぐったりしている

・食欲がない

・尿がでていない

・嘔吐に血が混ざっている

・下痢や発熱がある

などの症状がでた場合はすぐにお医者にみてもらうようにしましょう。

コメント