出産時の赤ちゃんの体重について

子育て

こんにちわこじパパです。絶対に生まれた時にみんなからいわれることって「何gで生まれたの??」って聞れることが多いと思います。

 

うちの子供は3090gと大きくもなく小さくなかったのですが、多分一週間出産が早まったからその分すこし小さいかったのかもしれません。

 

そこで今回は出産時の赤ちゃんの体重についてかいていきます。

スポンサードリンク

 出産時の赤ちゃんの体重の平均

 

cute-371993_1280

 

2010年での出産時の赤ちゃんの平均体重は男の子が2980gで女の子が2910g。そして正常出生体重児が2500〜4000gらしいので、うちの子は3090gでTHE平均的な体重でした。

 

中々4000gを超える赤ちゃんを見たことはないですが、4000gを超えちゃうとすこしリスクがでる場合が多く、出産時に赤ちゃんの肩がつかえて難産になったりする場合があると言われています。

 

そして赤ちゃんが大きくなっちゃう原因は元々糖尿病をもっている母親や、少し人より糖分を多く含む食事をしている人の場合だと赤ちゃんの大きくなるらしいです。

 

ようするに赤ちゃんが育ち過ぎちゃうのが原因。なのでもし途中経過で赤ちゃんの体重が普通より大きい場合はすこし、食事を見なおしたほうがいいかもしれません。

 

実際に大きくなるにつれて難産になる確率は高くなるし、出産するのが大変になります。まー食事管理するのは後々のこと考えると早めにしっかり行なっておいたほうがいいでしょう。

コメント