男の子の赤ちゃんの時に行う端午の節句とは

子育て

どうもこじパパです。5月5日はこどもの日で「端午の節句」と言わる季節行事です。

 

特に初めて男の子の生まれた赤ちゃんがいる家庭では「初節句」といい、鯉のぼりや兜や五月人形などをいただくことが多いと思います。

 

うちは男の子なので今年が初節句になります。そこで今回は男の子の赤ちゃんの時におこなう端午の節句について書いていきます。

スポンサードリンク

 端午の節句とは

端午の節句とは元々季節の変わり目に行う伝統的な日本の行事の五節句の一つで、その歴史は奈良時代からあると言われています。

 

しかし正式に定められたのは江戸時代からと言われています。どちらにせよ昔からあるお祝いの行事の一つです。

 

節句には「桃の節句」というのもありますがこちらは女の子の行事になります。端午の節句が5月5日桃の節句が3月3日になります。

 

そして赤ちゃんが生まれて歳に行う節句を「初節句」といい、初節句の時は盛大にお祝いするのが今の主流になっています。

 

しかし生まれた歳に初節句をおこなうといっても生まれる月がその節句の時期だったり、1〜2ヶ月くらい前の場合はその次の歳にお祝いをするということもあります。

 

確かに生まれたばかりでお祝いをするといってもママも赤ちゃんにとっても負担がかかるのであまりよくはないと言えそうです。

コメント