子どもの幸福度ランキング世界一はオランダ!日本は?

子育て

どうもこじパパです。日本に住んでいれば自分の国が他の国とどれくらい違うのかなんて中々わかりませんよね。

 

旅行好きで毎年海外に行っているなんて人なら少しは日本と海外の違いもわかるかもしれませんが、海外にいったことのない人にとってはそんなに違いなんてわかりませんよね。

 

そんな海外ですが、ある面白いデータがあって世界での子どもの幸福度ランキングというものがあります。しかも本日放送される「世界の日本人妻はみた!」でも少し取り上げれています。

 

そこで少し気になったので今回は子どもの幸福度ランキングについて少し書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 世界子どもの幸福度ランキング一位はオランダ

boy-676122_640

世界の子ども幸福度ランキングは国連児童基金のユニセフのイノチェンティ研究所が実施をしている子ども観点から調査している研究です。

 

2013年では世界の31カ国を対象に実施されて、最も幸福度が高い国はオランダという結果がでています。

 

それに続いて2位がフィンランドで3位がアイスランドとなっています。この子ども幸福度ランキングは主に5つの分野の平均から決められています。

・物質的豊かさ

・健康と安全

・教育

・日常生活上のリスク

・住居と環境

オランダの平均が3.2なのに比べて、2位のフィンランドとアイスランドは5.0なのでどれだけオランダが子どもの幸福度が高いかわかると思います。

 

では何故オランダの子どもたちは幸福度が高いのかというと、まず学校を嫌いとか友達が嫌いという子どもが少ないのです。

 

結構オランダの教育は自由な感じで、一週間にどれくらいの教科を行うのかはきまっていますが、それを一週間の中で自分で時間割をきめることができます。

 

日本なら「明日は音楽あるからイヤだわ」なんてこともありますが、もしイヤなら違う教科を行なって別の日に行なってもいいのです。

 

それに基本的に義務教育の期間は留年なんて滅多にしませんよね?しかしオランダの場合はもし、自分がついていけていないとか、まだ勉強したい思っている場合は自主的に留年も可能なのだそうです。

 

まさに自由。自由=幸福度とは限りませんが、ある程度自由なら子どもたちもストレスを感じることも少なくなるし、それが幸福度に繋がっているのかもしれません。

コメント