赤ちゃんのはじめての歯磨きはいつから?やり方と注意点

子育て

どうもお久しぶりのこじパパです。

そういえば自分は気が付いたら歯磨きしてたけど、赤ちゃんっていつからなんだろうなんて疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

こんなふとしたことを僕はたまに思ったりします。

大人にとっても大切なようにもちろん赤ちゃんにとっても歯磨きは大切です。

そこで今回は赤ちゃんの歯磨きについて簡単にお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

歯磨きの開始時期と虫歯の原因

file0001527574719 (1)

赤ちゃんは大体生後5~6か月で小さな前歯が出始めます。(あくまでも目安です)

そこからさっそく歯磨き開始すると嫁さんに言われました。

もちろん赤ちゃん自身が出来るはずはないので、当然ですがパパやママが赤ちゃんの代わりに歯磨きしてあげてください。

歯磨きと言っても乳歯の生え始めたばかりの時は濡らしたガーゼでふき取るという感じです。

歯ブラシを使っての歯磨きはしっかりと前歯が確認できるサイズになってからという事になります。

実は生まれて間もない赤ちゃんには虫歯菌という物は存在しないのです。

これ知ってました?

ではなぜ虫歯になってしまうのか。

虫歯になってしまう主な要因は知らず知らずの間に家族から虫歯菌を移されてしまうからです。

離乳食を始めたことで箸やスプーンを使いまわしてしまったり、赤ちゃんのあまりの可愛さにキスをしてしまったりと、ちょっとした事が原因で虫歯菌をうつしてしまうのです。

この話は今では結構有名な話しなので、気をつけている人もいますが、まだまだ知らない人がいて、かわいいからといってキスとかばっかりしている人はせめて口以外にしてください。

後から息子や娘に

「パパとママのせいで虫歯になった!」

とか言われたくないですよね。

生え始めの乳歯の歯磨き

では次に実際に歯磨きをしていくのですが、歯磨きと言ってもほんの少ししか出ていない赤ちゃんの歯は歯ブラシで磨くと歯茎を傷つけてしまう可能性もあるので、まずは歯ブラシを使い始めるのはある程度前歯の長さが出てきてからにします。

歯の生え始めたばかりの赤ちゃんは食べ物を噛むという行動はしていませんが、母乳ミルクを飲んだり、離乳食を食べたりしています。

その為どうしてもカス等が口の中に残ってしまいます。

特にカスが残りやすいのは上唇の裏なので濡らしたガーゼなどできれいに拭き取ってあげます。

赤ちゃんはやわらかい物以外が口に入るという経験が少ないため、最初の内は嫌がるかもしれませんが、普段から歯固め等のおもちゃで馴らして、更に歯の周辺をガーゼでふき取るという事をされるうちに慣れていきます。

おもちゃやガーゼで口の中の感覚を馴らしておくことで、歯ブラシに変わった時に驚いて嫌がる事も少なくなります。

ウチではこんな歯固めのおもちゃを使っています。

歯ブラシ選びと注意点

前歯が生えて歯ブラシを使えるサイズになったら本格的な歯磨きの開始していきます。

まずは歯ブラシを用意しなければいけません。

初めての歯ブラシは乳幼児用を用意しましょう。

普通の歯ブラシでは、赤ちゃん用の歯のサイズに合うはずもないので、きちんと磨いてあげるのは難しいので使うのは辞めてください。逆に危ないです。

更に毛先が硬かったり、とがっていたりしてまだ柔らかい歯茎を無駄に傷つけてしまいます。

歯磨きの慣れ始めに痛い思いをすると歯磨きを嫌がるようになってしまいます。

そうなるとなかなか歯磨きをさせてくれなくなって、歯医者さんに行っても歯科健診さえもままならなくなってしまうので気を付けましょう。

歯ブラシの用意が出来た所で歯磨きの仕方ですが、歯磨きと言っても赤ちゃんの場合は、口をゆすぐという事は出来ないので歯磨き粉はつけません。

口の中が歯磨き粉だらけになってしまいますからね。

スポンサードリンク

歯磨きのやり方

では次に歯磨きのやり方ですが、赤ちゃんの歯磨きをする前にはしっかりと手を洗ってください。

そして体勢ですが、赤ちゃんの頭の部分がお腹に当たる感じになるように両ももの上に仰向けで寝かせます。

歯ブラシを持っていない方の手で口をそっと開けさて、優しく歯ブラシを歯に当てます。

この時、歯ブラシを持っている方の小指を頬に当てると歯ブラシが安定して磨きやすくなります

上唇の裏辺りにある歯茎と唇をつなぐスジを歯ブラシで傷付けないように指でカバーするなどしてください。

歯ブラシをする時間と回数

赤ちゃんの歯磨きをする時間はきっちり朝・昼・夜など3回しなくても最初はいいです。

赤ちゃんの機嫌がいい時を見計らって夕方~夜の内など、とにかく毎日1回は必ず歯磨きをするという事から始めましょう。

歯磨きは夜の寝る前ときっちり時間を決めたとしても赤ちゃんは眠ければ嫌がります。

嫌がるからと言って歯磨きしないというのは赤ちゃんにとって良くないのですが、無理に歯磨きをして赤ちゃんが歯磨きを嫌がるようになってしまうのも、それはそれで大変です。

生え始めは眠くなく機嫌のいい時間を探してそこから徐々に1日2回にしていくようにしましょう。

また、歯ブラシをおもちゃ替わりに赤ちゃんに預けて歯磨きになれるようにしようという考えが浮かんでしまう方もいるかもしれません。

しかし、それで歯ブラシで喉を突いてしまったり歯茎で噛んでしまって歯茎を傷めたりと事故になりかねないので、できるだけおもちゃ替わりに与える事のないようにしてください。(しっかりと見ているのであれば大丈夫です)

まとめ

歯磨き習慣に慣れるまでは時間と少しの努力が必要になるかもしれません。

ですが、可愛い赤ちゃんの歯を守ってあげる事も親の大切な仕事なので、少しでも歯磨きの時間が楽しい時間になるようにしましょう。

赤ちゃんが泣いて嫌がってしまうので、赤ちゃんの歯磨きするのは嫌だと思ってしまうかもしれません。

ですが、歯磨きをしてあげる事はある程度成長するまでの事で、過ぎてしまえばあっという間の出来事です。

歯磨きも赤ちゃんとの大切なスキンシップの時間なのでそれも一緒に楽しめるように工夫してみてください。

コメント

  1. YMS より:

    赤ちゃんは虫歯菌を持っていないんですね。
    全然知りませんでした。
    お母さんたちから虫歯菌が移るんですね。
    注意しないといけないですね。

    • watakoji より:

      YMSさんこんにちわ!

      そうなんですよ~!

      なので、あまり大人が使った箸などは使わない方がいいです。