シェアする

男の子?女の子?妊娠中の性別判断でよくある5つの迷信

シェアする

どうもこじパパです。妊娠中に〇〇のことがあったら女の子とか、〇〇のことがあるから男の子などの性別に関する迷信を聞いたことはないでしょうか?

実際にはなんの科学的根拠がないものがほとんどなので、あまり深くは考えなくてもいいですがなかには気になるって人も多いと思います。そこで今回は妊娠中の性別判断によくある迷信について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 よくある性別判断の迷信

pregnant-518793_640

本当に性別判断に関しては様々な言い伝えや迷信があります。あまり信じこみ過ぎで実際に生まれて時に性別が違っていてがっかりしたなんて事にならないように、あくまで妊娠中の性別判断は参考程度にしましょう。

では今回は世の中でよく言われている妊娠中の性別判断の迷信について僕達が実際に当たったこと外れたことを交えながらピックアップしていきたいと思います。

お腹が前にでたら男の子

「お腹が前にツッパたら男の子で、横に広がったら女の子」これは一番といっても過言ではないくらいよくいわれている迷信です。

僕たちのところではそこまで前にツッパらずに男の子でした。ちなみに兄の嫁さんは今現在男の子を授かっていますが、物凄く前にツッパっています。

僕は思うにこれは体質の問題も多くあると思います。太りぎりの人だとどうしても横に太って見えるし、痩せている人だと前にでて見えます。

しかし実際に周りの人から聞いてみると、7割くらいはこの迷信はあたっているので参考程度になるのではないでしょうか?

顔がキツイと男の子

「顔がキツくと男の子、顔が優しくなると女の子」これもよく言われる性別判断です。これは当たりました。

元々嫁さんは目がツリ目気味なのでそのせいもあるかもしれませんが、妊娠後期くらいから徐々に今まで以上に顔がキツくなったような気がします。

結構嫁さんの両親や友達にも言われていたので、実際に顔がキツくなっていたは本当だと思います。近くにいつもいると中々顔の変化とかってわからないものなので、みてもらうなら両親やたまに会う友達とかの方がいいですよ。

つわりがヒドイと女の子

「つわりがひどいと女の子で軽いと男の子」これは全くいっていいほど当たりませんでした。嫁さんは結構つわりが酷かったです。しかし男の子でした。

知り合いの友達は全くつわりがなくピンピンしていたのですが、実際には女の子でした。これは上記の2つの迷信よりも当たらないと思います。(あくまで迷信です)

肉好きだと男の子

妊娠中に肉が好きになり多く食べるようになると男の子という迷信です。これに関しては嫁さん妊娠中は肉嫌いになって、ほとんど食べることがなかったので当てはまりませんでした。魚好きになると女の子っていう迷信もあるみたいですが面白いですよね。

スポンサードリンク

パパが酒好きだと女の子

僕はお酒は好きですが、男の子でした。しかしお酒が好きといっても毎晩晩酌をするわけでもないので、毎日飲んでいたわけではありません。

なので毎日飲んでいる人の意見を聞きたいです。中々周りで毎日晩酌するというほどお酒が好きという人がいないので周りの意見を聞くことができませんでした。

 まとめ

今回はよくある妊娠中の性別判断でよくある5つの迷信をあげました。その他にもあるとおもいますが、今でも妊娠中ってこれらの性別判断って話題にあがることって多いですよね。

本気になりすぎないであくまで参考程度に、楽しむのなら性別判断で楽しむのもいいのかなって思います。中にはすごい人で顔を見ただけで性別判断をしてその確率が100%に近いなんてひともいます。

すごいですよね。今では生まれる前にある程度判別できるので(100%ではない)昔ほどこれらの迷信も聞かなくはなりましたが、一つの妊娠中の楽しみするのはいいでしょう。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です