シェアする

キャサリン妃も行なっている催眠出産とは本当に痛くないのか

シェアする

どうもこじパパです。出産の時になにがイヤかというとあの産む時の痛みではないでしょうか??

今では無痛分娩といった方法もありますが、それ以外に英国のキャサリン妃やハリウッドのミランダ・カーやジェシカ・アルバなどが行なっている催眠出産という出産方法があります。

これは無痛分娩のように麻酔を打ったりすることがない出産方法で今注目を集めている出産方法です。そこで今回は催眠出産のやり方などについて書いていきます。

スポンサードリンク

 催眠出産とは

まず催眠出産とは自己催眠を利用して身体を落ち着かせて出産時の痛みをなくすという出産方法です。ヒプノバーシングとも言われています。

無痛分娩の場合は痛みをなくすために麻酔をしないといけませんが、麻酔に抵抗があるから無痛分娩はイヤだけど、出産時の痛みをどうにか無くしたいと思っている人に今人気がある出産方法です。

自己催眠というとONE PIECEででてくる催眠術士のジャンゴが行なっていた目の前にコインをぶら下げてワン・ツージャンゴみたいな催眠術(知らない人はすいません)をやるんだと勘違いして、怪しそうに感じるかもしれませんが、実際はちゃんと専門家のセラピストが付きて行うので怪しくはありません。

今はまだ日本ではあまり催眠出産は流行ってはいませんが、これから徐々に流行ってくるのではないかと言われている出産方法です。

痛みをなくすのに麻酔をつかないで痛みをなくすことができるなら、それが母体にとっても一番いい出産方法だと思います。

 催眠出産のやり方

では催眠出産のやり方ですが、まずは妊娠中に専門のセラピストがいる妊娠教室などに通います。その中で出産時のイメージやアロマや音楽などでどうようにリラックスするか、その時の呼吸法などを学びます。

そして体がリラックス状態の時は脳からエンドルフィンという物質がでます。このエンドルフィンとは鎮痛作用がある物質です。

出産の時はどうしても不安や心配、緊張あなどで体がこわばってしまいガチガチの状態になります。そんな状態で出産が開始されてしまうと痛みが増してしまいます。この緊張や不安などを取り除くためには体をリラックス状態にしなといけません。

リラックス状態が続くと自然と脳からエンドルフィンがでるので出産時の痛みがなくなると言われています。また催眠出産にはパートーナーが不可欠で、隣に座りママがリラックスするように耳元で「出産は痛いことではない」とささやいてあげることが大事です。

どうしても一人の場合だと「痛いのではないか?」「大丈夫かな?」といった不安などが頭の中から離れません。それをパートーナーの人が隣で出産に対して前向きな言葉いってあげることにより、出産=痛いものではないということを意識させることが大事です。なのでこの催眠出産にはパートーナーの存在が必要不可欠になります。

スポンサードリンク

 催眠出産は効果があるのか

では実際に催眠出産は効果があるのかどうかですが、催眠出産は本当に精神面で左右されるので個人差がかなりあります。全員が必ず成功するかいうと必ずとはいえませんが、それでも効果があったという人も多くいます。

日本でも催眠出産を行なった人たちがいるのですが、その人たちの中には実際に催眠出産が効果があったいう人もいるので、これからもっと催眠出産を行なっていく人も増えていくと思います。

一度陣痛や出産の痛みを経験しているから二人目は痛くないほうがいいと思っている人も多いとおもいます。そんな人は少し催眠出産も考えてみてはどうでしょうか?では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です