イクメンじゃない!?最近流行りのイクメン仮面とは

子育て

どうもこじパパです。

 

たまに「こじパパさんってイクメンだよね〜」なんて言われることがありますが、そもそもイクメンって言葉自体があまり好きではないし、今まで一度もイクメンだと思ったことはありません。

 

なんとなくイクメンって言葉自体が好きではないんですよ。僕はですが。。。

 

そんなイクメンですが、ここ最近ではイクメン仮面という言葉が何やら少し話題になっているようです。イクメン仮面って(笑)そこで今回はイクメン仮面について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 そもそもイクメンってどうなの?

そもそもイクメンとは「育児をする男性」のことをいいます。家に帰って来たらしっかりと奥さんの手伝いや子どもの面倒をみて、一緒に子育てをしていくパパのことです。

 

これって子育てをしているのなら当たり前のように思うかもしれませんが、中には一切子育てに干渉しないパパもいます。

 

それでは奥さんの負担が大きくなるのはもちろん子どもにとっても、パパと一緒にいる時間というのは大切な時間です。

 

だからこそ、なるべくパパにも積極的に育児に参加してもらおうということで、2010年には厚生労働省で「イクメンプロジェクト」というプロジェクトを発足させています。

 

こういう流れもあり、今では世間でイクメンという言葉が流行っています。

 

イクメンについては以前の記事にも少し書いていますが、

 

関連記事 子育てをしていてイクメンって言葉について感じること

 

あまりイクメン、イクメンって言葉言わない方がいいかなって思います。

 

本当に育児をしたくないパパなんてそんなにいないからです。

 

どうしても仕事が忙しくてできないとか、そういう理由があるからこそ参加できない場合がほとんどです。

 

それでもやろうと思って少しでも手伝ってくれる気持ちがあるなら僕は十分イクメンだと思います。

 

 イクメン仮面とは

イクメンは「育児をする男性」のことですが、イクメン仮面とは「育児をするフリをする男性」のことをいいます。

 

もっと簡単にいえば、周りに対して「イクメンをしているフリ」をするということです。

 

本当なら全然したくないことでも笑顔を見せて我慢したり、周りのパパたちがやっているからなんとなく自分もイクメンを演じようと頑張ったりすることです。

 

それほど世間ではイクメンという言葉がかなり浸透しています。

 

「〇〇さんちの旦那さんはイクメンなんだって」そんな言葉ばかり聞くと、なんとなく自分もイクメンにならないといけないと思い、必要以上に頑張ってしまうんですよね。

 

それが本当に心から思っていることならいいのですが、イクメン仮面とはその名の通りただ表面だけで行なっているので、それが原因で夫婦との溝が深まってしまいます。そうなると大変です。

 

だからこそ僕はあまりイクメンって言葉が好きではありません。

 

なんか比較されているような気がします。なんとなくイクメン仮面というのはこれからもっと増えるような気がぼくはします。

コメント