子育て中にうつ病になってしまう母親の症状とその対策

子育て

どうもこじパパです。子育ては大変なのが当たり前、そう思って我慢しすぎていませんか?周りの助けは得られていますか?相談する相手はいますか?

 

今は核家族がどんどん進んで、一人で育児に奮闘する母親はとても大変ですよね。僕の嫁さん自身も保育士ではありますが、やはり自分と保育園の子では全く違うみたいで、特に初めての赤ちゃんということもあり、一人きりの育児に必要以上に右往左往して結構ストレスを抱え込んでるみたいです。

 

あまり僕にはいいませんが、なんとなく雰囲気でわかるんですよね。もっと僕が子育て頑張れってことですが。。

 

そんなストレスがたまって怖いのが「うつ病」です。今回はそんな今では珍しくない、子育て中のお母さんのうつ病の症状や対策について僕なりにお話してみようと思います。

スポンサードリンク

 うつ病の症状ってどんなもの?

うつ病とは、『風邪のように他人からみて分かりやすい症状がない』ので発見されづらいのがうつ病の特徴です。

 

うつ病にはこういった自分でチェックできる項目があり、これらに当てはまる場合にはうつ病になりかけている、なっている可能性があります。

・気分が沈む、ひどく落ち込みがち

・いろいろなことに興味がわかなくなった

・楽しいと思えることがない、少ない

・食欲がない、体重が減る

・よく寝れない

・頻繁に目が覚める

・些細なことにイライラしてします

・話すのが億劫、話すのが遅い

・動作が遅い、物事を進めるのが億劫

・常に疲れている

・気力がわかない

・何かに集中できない

・自分に自身がない、価値が見出せない

・自分を責めてしまう

・何かに対して不安になることがよくある、常に不安感がある

・将来に対する希望が持てない

・子供や家族に対する愛情が薄れる

誰でも何個かは当てはまるのではないでしょうか?こう見てみるとどれも特別珍しい症状ではありませんよね。うつ病の症状って実ははとても身近なものなのです。

 

このように誰にでも少しはこういった気持ちや症状はあるもで、問題になるのはその症状の度合いです。

 

たまにそういう気持ちになるということなら誰しもがあることですが、そういう状態にある時間が長いという場合には気をつけなくてはいけません。

 

もし周りにそういう友人や家族がいる場合にはこちら側は気づいてあげることも大事です。

 子育て中のうつ病、どうしたらいい?

うつ病のチェック項目もそうですが、日常的になんだかしんどい、気が重い、やる気が出ない、家事育児に支障がある、というような場合には自分一人で抱え込むのではなく、家族や友人に相談したり、医師に相談するのがやはり一番です。

 

でもうつ病といったら基本的に行くのは精神科です。正直、精神科って敷居が高い、行き難い、と言う人も多いのではないでしょうか。僕はあまり行きたくないです。

 

外国ではうつ病で精神科受診カウンセリングを受けることは普通のことですが、まだまだ日本では難しいと感じる人が多いのが現状です。

 

そういう人はまず、かかりつけ医に相談してみましょう。実は子供のかかりつけでの小児科の医師でも大丈夫なんだそうです。

 

小児科医の役割は赤ちゃんや子供だけでなく、その御世話をする周りの大人へのアドバイスやケアも含まれているので、まずは小児科の先生に相談するのも全然ありです。

 

母親としても第三者に相談することで気持ちが楽になることもありますし、その原因となっている赤ちゃんや子供の状態に対する不安を解決することで自分自身の症状が和らぐこともあります。

 

行動を起こすことが難しい』というのがうつ病の症状の一つではありますが、何か一つ動いてみるだけでも変わることは沢山あるものです。やはりうつ病にならないためには『一人で抱え込まない』これが一番大事です。

コメント