シェアする

怖くてできない??赤ちゃんの爪切りのコツとは

シェアする

どうもこじパパです。子育てをしていて怖いことの一つといえばあの小さな赤ちゃんの爪切りではないでしょうか??

当然ながら赤ちゃんだって同じ人間なのだから爪だって当たり前に伸びます。そのままにしていれば勝手に顔を掻いたりしたときに顔に傷がついてしまいます。

なので定期的に切ってあげないといけないです。そこで今回は赤ちゃんの爪切りのコツについて書いていきます。

スポンサードリンク

 爪の伸びる早さ

生まれたときからしっかり爪も伸びている赤ちゃんもいます。それが原因で顔が傷だらけになってしまい、親がびっくりしてしまうケースも多いのです。

うちも生まれた時から爪が伸びていたのでヒヤヒヤものだったのですが、そこまで顔に傷がつかなかったのでよかった。(その傷は治ります)

そこから実際にどれくらいの頻度で爪を切っているのかというと、大体1週間で約1〜2回くらいは切るようにしています。

まーそれだけ爪が伸びるのが早いので切ってあげないといけないのですが(笑)まず赤ちゃんが顔引っ掻いて怪我をする原因もありますが、それ以上に沐浴とかミルクあげをしていてもこっちが痛い場合があるので困ります。

特に沐浴中に爪が食い込むのはいくら赤ちゃんの爪だからといって痛いです。

 赤ちゃんの爪を上手にきるコツ

では爪を上手にきる方法ですが、まず大人用の普通の爪切りでは最初は行わないほうがいいと思います。

器用でできるならいいですが普通の人まず危険なのでオススメできません。そこで使うのは赤ちゃん用のベビー爪切りです。

これは出産した産婦人科でもらったのですが普通にどこにでも売っているし、値段もそこまでしないのでなれるまではベビー用の爪切りをつかうことをオススメします。

そして爪をきるコツですが

・白い部分は少し残してきる

・寝ている時か授乳中がチャンス

この2つです。

白い部分を残さないで切ってしまうと大人のように深爪になってしまう場合があります。大人でも深爪は痛いのだから赤ちゃんだって当然痛いです。

なので目安として本当にすこし白い部分が見えることがちょうどいいと思います。そして爪を切るときは風呂あがりと教えられることもありますが、確かにお風呂あがりは爪も柔らかくなってきて切りやすそうですが実は柔らかいほど切りづらかったりします。

それこそ柔らかくて切りすぎたなんてこともあるのでオススメできません。上手く切れるようになるまでは入浴後は避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 赤ちゃんの爪切りのまとめ

ほぼ今のところはうちで器用な嫁さんが上手く爪を切ってくれているのでかなり助かっています。

本当は自分がやらないといけないのですが、そういうところは案外不器用なので慣れるまでは徐々にやっていこうと思っています。

最初のころは失敗してしまうこともあるかもしれませんが、それはそれである程度しょうがないと割りきることも大事だと思います。

ただし切ったところから血が物凄くでてしまったりした場合などは医者にいくなのどして対処したほうがいいかもしれません。

しかし少しの軽い傷なら案外なんにもしなくても大丈夫です。その内治ります。結構絆創膏とか貼ってしまう家庭もありますが、絆創膏をはると逆にその絆創膏をしゃぶってしまう可能性があるのであまり絆創膏はオススメしません。

爪切りも慣れだと思うので皆さんも一緒に頑張っていきましょう。では今回はこれでさいなら~^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です