シェアする

新生児のくしゃみが多い原因と予防法

シェアする

どうもこじパパです。新生児のころってなんだからくしゃみが多いと感じることはないでしょうか??

僕のチビ助は冬生まれだったので気温が寒いことなどが原因でなのかなって思っていました。しかしいろいろ調べてみるとその他にも新生児がくしゃみが多い原因がありました。

そこで今回は新生児の赤ちゃんがくしゃみが多い原因と予防法について書いていきます。

スポンサードリンク

 新生児のくしゃみが多い原因とは

新生児のくしゃみが多い原因としては

・気温が寒い

・ほこりが多い

・アレルギー

・風邪

などが原因としてあげられます。

まず新生児は生まれて間もないのでまだ鼻毛なども生えていないので鼻などがかなり敏感になっています。

鼻が敏感になっているということはそれだけ風邪などのウィルスなどに反応してしまいます。要するに鼻などがウィルスなどに対しての防衛本能もまだ備わっていないので敏感になってしまうというわけです。

なので新生児はくしゃみが多いと言われています。あとは先程もいいましたが鼻毛がないのも原因の一つです。鼻毛はほこりやウィルス等の異物を体に侵入させないためにある大事な毛です。

鼻毛がないということはそれだけウィルス等と体に入れてしまうので、風邪などもひきやすくなりくしゃみにつながるのです。

その他の原因としては元々アレルギー持ちの新生児の子もいます。例えばハウスダストとか花粉アレルギー持ちだとどうしてもくしゃみが出る原因になってしまいます。

 新生児のくしゃみの予防法

では新生児のくしゃみの予防法ですが、鼻が敏感で鼻毛がないということはほこりなどが鼻に入らないようにしないといけません。

そこで常日頃から部屋の掃除をしたり、空気清浄機などをしてほこりや花粉など少なくすることが大事です。

あとはどうしても風邪になるとくしゃみが多くなってしまうので、冬の乾燥する季節や除湿などをして乾燥させないことも、ウィルス等を繁殖させないためには大事なことです。

いずれにせよ鼻に異物をあまりいれないということと風邪をひかないようにするということが一番の対策です。これはアレルギー持ちの新生児に言えることです。

 新生児のくしゃみのまとめ

新生児のくしゃみが多い原因は風邪かほこりなどかアレルギーかの3つだと思います。まー大人と一緒ですね。

風邪が原因の場合はその他にも発熱や痰、鼻水などがでてきます。ほこりやアレルギーの場合はくしゃみ場合の時もあり熱などはあまりでません。

風邪でくしゃみをしているのか、アレルギーやほこりでくしゃみをしているのかなどはしっかりと判断して風邪などの場合は早めに医者に見てもらうようにしましょう。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です