シェアする

赤ちゃんがノロウィルスにならない為の対処法及び治療法

シェアする

どうもこじパパです。今の時期春が待ち遠しい時期になって来ましたが、まだまだ寒い日が続き外で赤ちゃんとお散歩なんてことは全く考えられないくらい寒いです。

そして今の時期はインフルエンザにも気をつけなければならないけど、実はノロウィルスも今の時期には気をつけなければなりません。

そこで今回は赤ちゃんがノロウィルスにならないようにする為の対処法や予防法、治療法について書いていきます。

スポンサードリンク

 

 ノロウィルスの症状や原因

ノロウィルスとは主に、胃腸炎(感染症胃腸炎)を引き起こすウィルスで子供とか大人に関係なくかかってしまう病気の一つです。

主にノロウィルスにかかってしまうと吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、熱などの症状がでるのでもうかかった時点でそうとう大変な病気です。

ひどい人になると1日に数十回の下痢や嘔吐がでる場合もあります。また赤ちゃんやお年寄りなどは元々抵抗力があまりないので余計にウィルスに感染しやすくなっています。

ノロウィルスは基本的に一次感染と二次感染にわかれていて、牡蠣やシジミなどの二枚貝などを生で食べた場合や井戸水などの、消毒があまりされていない水を飲んだ場合に感染することがあります。「人から食品と食品から人」とおぼえておくといいでしょう。

二次感染は食品からではなく「人から人へ」の感染ルートになります。特に感染者の汚物などが手につきそこから感染するといった可能性が高いです。

なのでもしノロウィルスにかかってしまった場合はしっかり汚物の処理はしないといけません。

 赤ちゃんのノロウィルスの予防

赤ちゃんがノロウィルスにかかった場合の症状はそこまで大人と変わりません。そこまでインフルエンザみたいに高熱がでることはないですがまず食欲がなくなってきます。

そして食欲がなくなるので体力も徐々に低下してきます。なので感染しないようにすることが大事なのですが、基本的に赤ちゃんの場合だと家にいることがほとんどだと思うので、集団感染は家にいる限りではないと思います。

あるとすればパパやママが感染してきて、そのウィルスが赤ちゃんの口に直接入ってしまうことが原因になります。

なのでもしパパやママがノロウィスルの疑いがあったり職場で流行っていたりしたら、感染してしまう恐れがあるので、しっかり手をあらい赤ちゃんの口にしそうなものには極力触れないようにするのが大事です。

特になんでも口に入れたがる時期でもあるのでマジで注意していかないといけません。

 ノロウィルスのまとめ

ノロウィルスってかかってしまうと有効なウィルス剤がまだありません。なので病院にいってもノロウィルスを治すという薬はもらうことがでいません。

なのでもしノロウィルスになってしまったら脱水症状にならないようにこまめの水分補給するのが一番いいと言われています。

それでも吐き気などが収まらないときは吐き気止めの薬などは処方してもらえると思うので処方してもらいましょう。

ただし、あくまでノロウィルスにピンポイントで、効く薬はまだないのでやはり感染する前の予防が大事になってきます。

赤ちゃんのためにもまずは家族で感染しないように心がけることが大事だと思います。
では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です