赤ちゃんなどの便秘でよく使う言葉のオリゴ糖とは

子育て

どうもこじパパです。赤ちゃんが便秘をしていると思わず心配になりますよね??

 

そのあとしっかりと出ればいいのですが、これが何日か続くとミルクが悪いのか、母乳が悪いのかなど悩むときもあると思います。

 

そんな大人でもなるひどい便秘ですが、オリゴ糖って言葉を一緒に聞いたことはないでしょうか?そこで今回はそんなオリゴ糖について書いていきます。

スポンサードリンク

 便秘に効くオリゴ糖とは

 

オリゴ糖とは元々自然の動植物の中のあるものなのですが、簡単にいえば糖分です。

 

オリゴ糖なかでもいろいろなオリゴ糖があり、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ラフィノースオリゴ糖など他にもありますが、このように様々なオリゴ糖があります。

 

よくスーパーなどの調味料がおいてある場所の砂糖の欄においてあると思います。

 

そしてこのオリゴ糖が研究で人間の腸内環境を整える効果があるビフィズス菌を増やすことがわかり、大人でも便秘気味の人にはオリゴ糖がいいというの浸透しました。

 

そしてこのビフィズス菌は母乳に多く含まれているので、生まれたばかりの赤ちゃんはうんちをしてもそこまで臭いの匂いがしないのはこのビフィズス菌のおかげです。

コメント