シェアする

妊娠中に風邪やインフルエンザにかかった時の赤ちゃんへの影響

シェアする

どうもこじパパです。

妊娠中というのは普段飲める薬が飲めなくなるのでできるだけ病気などにかからないようにすることが大事です。

それでも季節の変わり目や空気が乾燥してくるう冬などは風邪やインフルエンザにかかりやすいのも事実です。

特に風邪は軽い症状のものあるのでかかっていてもわからなかったなんてこともあるので注意が必要です。

そこで今回は妊娠中に風邪やインフルエンザにかかってしまった場合の赤ちゃんへの影響について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 妊娠中の風邪やインフルエンザ

風邪はウィルスが鼻、口、器官などに侵入して炎症をおこす病気です。症状としては発熱がでたり、鼻水、喉の痛み、くしゃみ、咳がでます。

まー誰でも一度は風邪になった経験はあると思うので症状などはわかると思います。インフルエンザはその風邪の中の一種のウィルスです。

風邪の一種のなので症状は似ていますが、38〜40度の高熱、全身の筋肉痛、強い頭痛などが現れます。風邪より感染力が強く重症になりやすい病気です。中にはインフルエンザでなくなってしまう人もいます。

風邪自体は妊娠中になってもそこまでつらい症状でなければ薬などを使わずに自然に治していけるのですが、インフルエンザなどにかかった場合は妊娠への影響が少ない薬をつかうようになります。

なのでできることなら妊娠中は風邪やインフルエンザにならないように予防することが大事です。

 妊娠中の赤ちゃんへの影響は?

ではもし風邪やインフルエンザなどにかかってしまった場合の赤ちゃんへの影響ですが、インフルエンザにしても風邪にしてもそのまま胎盤を通して赤ちゃんに感染するということはないと言われています。

しかし感染はしませんが、咳やくしゃみや発熱などの影響で子宮が収縮したり、腹圧がかかってしまうことがあります。

お腹がはってしまうと早産などの危険性もでてきます。なので直接風邪やインフルエンザが感染はしないかもしれませんが咳やくしゃみなどがでないようにすることは大事です。

・外出したら必ず手あらいうがい

・人混みはさける

・栄養をとる

・睡眠をしっかりとる

などを心がける事が大事です。当たり前のことですが、妊娠中はいつも以上に神経を使うようにしましょう。

 妊娠中の風邪やインフルエンザのまとめ

風邪でも最初は症状があまりでなくて医者にいかないくても大丈夫な場合もありますが、それでも2〜3日して治らない場合は医者に見てもらったほうがいいです。

風邪自体を治す薬は今のところありません。なので直接治すことはできませんが、それでもそれ以上悪化しないようにする薬は処方してもらえると思います。

産婦人科か内科か悩む人がいますが、できれば産婦人科の方がいいと思います。しかし近くに産婦人科が無かったりして内科しかない場合は妊娠中ということを前もって伝えおくといいでしょう。

そうすれば妊娠中に飲んでもいい薬を処方してくれると思います。妊娠をしていることで他の人とは違うということを自覚して風邪などの予防をしていってほしいと思います。では今回これで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です