妊娠中に風邪やインフルエンザにかかった時の赤ちゃんへの影響

子育て

どうもこじパパです。

 

妊娠中というのは普段飲める薬が飲めなくなるのでできるだけ病気などにかからないようにすることが大事です。

 

それでも季節の変わり目や空気が乾燥してくるう冬などは風邪やインフルエンザにかかりやすいのも事実です。

 

特に風邪は軽い症状のものあるのでかかっていてもわからなかったなんてこともあるので注意が必要です。

 

そこで今回は妊娠中に風邪やインフルエンザにかかってしまった場合の赤ちゃんへの影響について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 妊娠中の風邪やインフルエンザ

風邪はウィルスが鼻、口、器官などに侵入して炎症をおこす病気です。症状としては発熱がでたり、鼻水、喉の痛み、くしゃみ、咳がでます。

 

まー誰でも一度は風邪になった経験はあると思うので症状などはわかると思います。インフルエンザはその風邪の中の一種のウィルスです。

 

風邪の一種のなので症状は似ていますが、38〜40度の高熱、全身の筋肉痛、強い頭痛などが現れます。風邪より感染力が強く重症になりやすい病気です。中にはインフルエンザでなくなってしまう人もいます。

 

風邪自体は妊娠中になってもそこまでつらい症状でなければ薬などを使わずに自然に治していけるのですが、インフルエンザなどにかかった場合は妊娠への影響が少ない薬をつかうようになります。

 

なのでできることなら妊娠中は風邪やインフルエンザにならないように予防することが大事です。

コメント