シェアする

赤ちゃんを笑わせるためにしているオススメの3つ方法

シェアする

どうもこじパパです。うちのチビ助も4ヶ月になり、たまに笑ってくれることが増えてきました。

それ以前はなにを行なっても中々笑わなかったのですが、少しづつ成長してきたのかなって思います。

しかしなかには3〜4ヶ月くらいたっても中々わらわない赤ちゃんもたくさんいます。そこで今回は僕達がおこなっている赤ちゃんを笑わせるためにしているオススメの3つの方法について書いていきます。

スポンサードリンク

 赤ちゃんを笑わせるためにしていること

赤ちゃんを笑わせるといっても以前の記事でも書きましたが、1〜2ヶ月の頃は生理的微笑といって自分の意思で笑っているのではなく体が勝手に反応して笑うと言われています。

なので1〜2ヶ月の頃は笑わせようと思っても中々むずしいと言われています。そして3〜6ヶ月くらいになれば徐々に笑うようになるので、赤ちゃんを笑わせるならこれくらいの時期からいいでしょう。

では次は僕達が赤ちゃんを笑わせるためにしていることについてです。

参照 ニコニコ笑うのいつから??赤ちゃんが笑顔をみせる時期とは

 赤ちゃんの機嫌をよくする

赤ちゃんも人間なので機嫌がいい時とは悪い時があります。笑わせるために機嫌をよくしないといけません。

明らかに泣いてるときに笑わそうと思っても中々笑ってくれません。まずは泣いているときは無理に笑わせようとしないで、1日で機嫌がいい時に試してみるのがいいと思います。

機嫌のいいときは赤ちゃんによってそれぞれ違うと思うのであくまで参考にしかならないと思いますが、我が家ではお風呂上がり、寝起き、ミルクの後、朝などは比較的機嫌がいいように気がします。少し1日観察してみるのもいいと思います。

 赤ちゃんを鏡前に連れていく

これはもしかすると我が家だけかもしれませんが、何故か鏡の前に連れていって鏡に写っている姿を見せると笑うことがあります。

これは謎なのですが、多分普段自分の顔を見ることがないので珍しくて笑っているのか、ママの顔も一緒に鏡に写っているのでそれが影響で笑っているのかのどちらかだと思います。

鏡になっているならガラスとかでもいいので少し試してみてはどうでしょうか??

 口で音を出す

これが今のところ一番笑うかもしれません。口で音出すというのは言葉を発するのではなく、口笛みたい感じで音をだすことです。

やり方としてはベロ使ったり、唇を使ったりして行ないます。単なる音なのですが、我が家ではこれを行うと声を出して笑うことがあります。

初めて声を出して笑った時は感動ものでした。是非ためしてみてください。

 赤ちゃんを笑わせるまとめ

今回は我が家で行なっている赤ちゃんを笑わせるためにしていることを3つ書いて見ました。その他にもいろいろ方法はあると思いますが、答えはとりあえずないのかなってここ最近は思います。

他の赤ちゃんには通用することも自分のところでは通用しないなんてことは日常茶飯事です。しかし、今回紹介した3つのことを試してみるだけでもいいと思います。

笑わないかもしれませんが、もしかしたら笑うかもしれません。とりあえずいろいろ試してみましょう。声を出して笑うと本当に楽しいですよ。では今回はこれで^^

Sponsored Links

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です