赤ちゃんの予防接種多すぎじゃね?これから受ける予防接種について

子育て

どうもこじパパです。先日一応産婦人科の方の検査は最後ということでチビ助とママと三人で産婦人科にいってきました。

 

 

特にチビ助もママも問題ないとのことで良かったです。まーなにかあったら大変だからなにもないのに越したことはないんですけどね。

 

 

そしてこれから始まるのが赤ちゃんの予防接種。早い場合だと生後6週目から受ける予防接種もあって、なんか自分たちの時代ってこんなに受けてたっけかなと思うくらい多いです。

 

そこで今回は赤ちゃんの予防接種の種類について書いていきます。ちなみに自治体によって助成がでるでないの予防接種もあるのでその辺は自分の住んでいる地域の自治体に問い合わせてください。

 スポンサードリンク

 定期接種と任意接種

一ヶ月検診が終わると今度は予防接種のスケジュールを決めていかないといけません。予防接種といっても定期接種のものと任意接種の2種類があります。

 

簡単にいえば定期接種は期間内で受ければ無料任意接種の場合はほとんどが自己負担です。自治体によっては少し助成してくれるところもあると思うので聞いてみるいいでしょう。

 

では定期接種で受ける予防接種はというと

・ビブワクチン

・小児用肺炎球菌ワクチン

・BCR

・4種混合

・水疱

・麻しん風しん混合

・日本脳炎

取り敢えずこれらは定期接種なのでかならず受けないといけない予防接種となっています。これ以外のおたふくかぜやロタウィルス、B型肺炎、インフルエンザ、A型肺炎などは任意接種となっています。

 

 

ちなみロタウィルスに関してうちの地区の自治体では少し助成金がでます。

コメント