赤ちゃんの脱水症状の原因と予防法とは

子育て
By: David Quitoriano

 赤ちゃんの脱水症状の予防法とは

よくある脱水症状の初期症状としては

・肌がかさかさしてくる

・おしっこの量が少なくなる

・泣き声が小さくなる

などの症状がでてくると言われています。そしてそれが悪化してくると

・意識が朦朧とする

・反応しない

・痙攣をおこす

といった命にもかかわるようなこともあります。なので脱水症状は初期段階での処置が必要になります。

脱水症状の予防法としては一番はこまめな水分補給をしてあげることです。

または外にでる際も、帽子をかぶらせたり、休憩するときは日陰を選んだりするなどしてなるべく直接日光が当たらないようにすることも大事です。

[ad#ad1]

 赤ちゃんの脱水症状のまとめ

もし脱水症状になってしまった場合はすぐに医者に連れていくことも大事です。また初期段階では水分補給でもイオン水などの電解質などが混ざっている水を飲ませると回復の効果が高いと言われています。

ない場合は母乳や湯冷ましでもいいですが、カフェインなどが入っているお茶などは赤ちゃんが消化するまでに時間がかかってしまうのでオススメしません。

脱水症状はいつなるかわからない症状です。僕も高校の時に野球を行なっていたのですが、やばいときが多々ありました。

実際に脱水症状になっていた人たくさんいました。このように大人でも脱水症状になるので赤ちゃんはもっと脱水症状になってしまう可能性が高くなります。

特にこれからの季節などは気温の変化も大きいので十分に気をつけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました