赤ちゃんもかかる胃腸炎の症状その対処法とは

子育て

 ウィルス性胃腸炎の症状

ウィルス性胃腸炎にかかるとまずでる症状が嘔吐です。そしてそれが徐々に悪化してくると下痢になります。

 

嘔吐している段階ですでに食欲がない状態なのにそれに下痢がプラスされることでもう体に力はのこっていません。この状態で一番気をつけないといけないのは脱水症状です。

 

嘔吐して食べ物と一緒に体の水も一緒に口から吐出されて、しかもそれにプラスして下痢でおしりからも水分がでるということは体に水分がない状態になります。この状態が一番危険です。

 

なのでできるだけおかしいなと思ったら、ひどくなる前に水分補給を忘れずに行い脱水症状にしないことが大事です。そしてそのまま医者にいきましょう。

 

あまりに判断が遅いと水を飲んでも吐くの繰り返しで結局は体に水分が残らないので意味がありません。もし、涙がでなかったり、口が乾いていたり、尿の出がいつもより少なく感じたりしたらすぐに対応してください。

 

また飲ませてもいい飲み物は基本的に水です。もう少し大きくなればスポーツドリンクなどでもいいのですが、赤ちゃんにとっては甘すぎるのでかえって悪影響です。

 

水がない場合は母乳でもいいと言われているので母乳やミルクで対応してもいいです。

 赤ちゃんの胃腸炎のまとめ

以前に僕が胃腸炎にかかった時に進められて飲み物が経口電解質溶液という飲み物です。よく夏になるとドラックストアのレジの横などに置いてあると思うのですが、あれが一番水分補給にはいいと言われました。たぶん名前は経口補水液OS-1という飲み物だったと思います。

 

これは赤ちゃんでも飲める飲み物で脱水症状を防ぐためにはいい飲み物だと言われています。実際に飲むとそこまで味がしないので別においしいとかはないですが、脱水症状や食べ物が食べれない時はこの経口電解質溶液を飲むのが一番いいと言われました。

 

いつなにかあるかわかならいので、常に何本かは常備しておいてもいいかもしれません。近くのドラックストアやもしくはスーパーなどにも置いてあると思うで少し探してみてください。もし近くになければネットでも買えるので参考にしてください。

 

赤ちゃんを胃腸炎などでひどい目にあわせないためにも常日頃から胃腸炎が流行っている時期は人混みを避けたり、親も胃腸炎にかからないように手洗いうがいはしっかりとしましょう。では今回はこれで^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました